岡崎体育、受験生にアドバイス「音楽を聴きながらの勉強はお勧めしません」

2021.8.28
岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「受験」です。
okazakitaiiku

受験生にとって夏休みは大事な時期です。しっかり自分を追い込んで、でも楽しんで受験勉強をしてほしいと思います。僕も受験戦争経験者。とはいっても、高校1~2年生のころは部活ばっかりで、ろくに勉強していませんでした。それどころか遅刻常習犯で出席日数が足りず、赤点もたくさん取っていて…けっこうな問題児だったかもしれません。高2の終わり頃になり、周囲の友達が続々と真面目に受験勉強に取り組み始めるのを見て焦って、「僕もやらないと…」と自分で自分の尻を叩くようになりました。担任の先生に「今の成績なら志望校のランクを落としたほうがいい」と言われたことも、奮起するきっかけになりました。

ダイエットもそうですが、やりたくないことをモチベーションを高く持って続けるコツは、やっていく中で自分のできること=才能に気づいてあげることだと思います。「私、年号を覚えるの得意やな」「Rの発音めっちゃうまいやん」「ノートめっちゃきれいに書けてるわ」とかなんでもいいんですが、できることが見つかるともっとやりたい、できるようになりたいと思うはずなんです。誰かにやらされていると思うより自主的に楽しいからしているんだ、と思えることを見つけるのが大事かなと思います。

楽しんで勉強するのが大事と思う一方で、僕は“ながら勉強”には反対派です。よく僕のラジオにも「受験勉強しながらラジオ聴いています」というお便りが届きますが、「今すぐ、全員ラジオ消しなさい!」と言って回りたいくらいです。音楽を聴きながらの勉強もお勧めしません。人は聴覚による記憶が優れているといわれています。聴覚で覚えられることってすごく多い。教科書の音読はとてもいい勉強法です。僕も世界史の教科書を破れるまで読みました。そこに別の音が入ると記憶の邪魔になってしまうんじゃないかと思います。なかには、聴いていた音楽とその時勉強したものをリンクさせて定着させるという方もいると思いますが、できるだけ情報は混ぜないほうがいいというのが僕の持論です。勉強中は勉強に集中。たとえ岡崎体育のニューアルバムがリリースされたとしても、勉強中は聴いてほしくない。もちろん、勉強の合間の休憩時間とか、ご褒美として音楽を聴くのは推奨します。そういう時のために、ぜひ岡崎体育のニューアルバムが発売されたら買って聴いてください!

おかざきたいいく 11月23日(火)に、横浜アリーナでワンマンライブ「めっちゃめちゃおもしろライブ」を開催。久しぶりのオリジナル楽曲「Fight on the Web」のMVが絶賛配信中。

※『anan』2021年9月1日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。