2021年上半期月別の運勢も…天秤座、蠍座、射手座の全体運をお届け

2020.12.9
天秤座、蠍座、射手座の2021年上半期の運勢はどうなってる? G・ダビデ研究所主宰のオフェリア・麗さんが占った全体運をお知らせします。

【天秤座】努力が遂に開花し、華やかな活躍の舞台へ。

Fortune

光り輝く時間へ。あなたらしさを大切に、個性を存分に発信して。

長いトンネルを抜けた後、陽光降り注ぐ景色が広がる…。そんな‘21年前半の運気模様。土星の影響で強いられてきた我慢の日々は終わり、いよいよ羽を広げて飛び立つ、幸運期の到来です。積み重ねてきた努力が認められ、期待の星として注目される予感。とはいえ、それに無理して応える必要はありません。今期の天秤座のキーワードの第一は、「自己表現」。個性を活かしたファッションに身を包み、場の空気に溶け込みながらも、自分の考えはハッキリと口にする。本来の品の良い魅力に、キラリと光る個性と意志が加われば、ある意味、鬼に金棒。周囲に影響を与える存在として活躍の場を広げることになるはず。また、今の時代、自己表現に欠かせないのはSNS。コミュニケーションツールとしてのウケの良さを気にしすぎず、感性や才能を表現する場としてドンドン発信を。自分らしさに軸足を置くうちに潜在的な才能が開花して、大勢のファンを獲得なんて展開も大いにあり得そう。

一方、木星&土星の恩恵を受ける今期の幸運は、穏やかな安定感も特徴。そのため、特に何もないけど…なんて首をかしげる場合も。この平穏な日々は、これまでの頑張りがあってこそ。せっかくなので少し背伸びして、ライフスタイルの充実に力を入れて。向上心が未来の幸せの扉を開いていくことに、きっと気づくはずです。

1月

運の追い風を受ける上昇期。特に目上ウケが抜群。上旬は親戚やお世話になっている方への挨拶回りに力を入れると、引き立てを受けるきっかけに。中旬以降は一息つけそう。趣味の世界に没頭を。

2月

熱視線を浴びる好調期。TPOを押さえつつ、エッジを利かせたお洒落センスが光り、注目度急上昇。SNSでも手応えを感じ、意外な才能や個性を発見する可能性あり。何事にも積極的に挑戦を。

3月

キャリアの展望が開けるとき。これまで模索してきたことが、具体的な目標として結実していく気配。日々の業務も新たなやりがいを見出せます。ただし、忙しい時期なので健康管理は怠りなく。

4月

社交運活発。憧れている人物やメンターとなる人物などとの嬉しい出会いに恵まれそう。希望は率直に口に出しましょう。下旬から運気はトーンダウン。連休はおうち時間を楽しんで正解。

5月

いったん足を止める熟成の時期。むやみに縁を広げるよりも深めることに注力すると、充足感を味わえるでしょう。この数か月で目標ができた人は、すぐに実行できる具体的な計画作りを。後半以降、生活習慣の改善の好機に。

6月

華やかなスポットライトを浴びやすい星回り。頑張ってきたことが認められ、抜擢を受ける人も。また、交流会やセミナーに参加すると、今後の成長につながる分野や人物と縁ができる予感。

【蠍座】外洋は危険だらけ。ステイホームを信条に。

Fortune

今はゆったり休息のとき。5月以降の活躍に備えて、英気を養って。

たくさんの気づきや胸ワク体験へとあなたを導いた幸運マイスター木星は、時の運を司る土星とともに、オアシス入り。その象意は、ズバリ骨休めです。変化や刺激に疲れた心身を、憩いの園でいたわりほぐし、英気を養う。活躍の機が巡ってくるのを待ちながら、素敵なビジョンやドリームプランを温める、そんなゆったりした生活を意識して。料理や家活にいそしんだり、安らぎタイムにふさわしいインテリアを整えたり、癒しのペットと戯れながらくつろぐなんて過ごし方も、根がおうち好きな蠍座にはしっくりきそう。

とはいえ、引きこもってばかりもいられないのが、今期の悩ましいところ。特に5月以降は、何の前触れもなく、表舞台に引っ張り出されがち。イザというとき困らないよう、女のたしなみとコミュ力に常日頃から磨きを。外に出なくてもメイクやおしゃれを楽しむ、旬の情報を取得、発信する――この2点を日々のルーティンに。旬のドラマ&映画のチェックも、心をサビつかせないための良法。

人間関係はプチ変動期。表立った動きはなくても、水面下では大きな揺さぶりが。突然のフェードアウトや決裂もあり得るものの、それは今のあなたにとって不要な縁だから。本当に必要な絆は遠からず戻ってきますから心配無用。

イライラ&カリカリしたときは、カルシウムとお風呂タイムをたっぷりと。眠れぬ夜のお供には、ふかふかのパジャマと抱き枕が最適。

1月

賑やかな新春。ただ楽しんで終わるか、未来につなげるかは、あなたの心持ち次第。気の合う者同士でチーム結成、プロジェクト始動と、夢のある企画を立ち上げては? 嘘と匂わせは炎上必至。

2月

痛い記憶や悲しい出来事がフラッシュバックしがち。それは、再起を促す星の采配。過去に別れを告げ、新たな歴史の幕を開けましょう。自分史執筆、創作活動は、回復力を高めるリハビリ効果抜群。

3月

守護星・冥王星が覚醒し、冴えない毎日に活を入れそう。特に中旬の売り込みや提案は百発百中。ガツンとインパクトで勝負を。風邪とアレルギー悪化にはご用心。

4月

凪の状態に見えて、実は危険期。おうちライフの影響で、運動不足や肥満が進み、体調はもちろん、仕事、恋愛にも支障をきたす恐れが。楽に流されず、健康生活をキープして。嗜好品断ち、ノーブランド主義はハイリターン。

5月

蝶よ花よの星回り。魅力やセンスが輝き、モテ期を満喫できそう。コンテスト応募、オーディション参加も勝算高め。大胆不敵なもうひとつの顔が、敵を蹴散らす武器に。オフは、プチ贅沢が乙。

6月

サプライズ運。ピンチがチャンス、敵が味方など、ミラクルな展開が一度や二度ではないかも。逆境やトラブルも醍醐味と、前向きにGO! 黄色い傘は福招き。

【射手座】最新の情報&ワザを手に、次のフェーズへ。

Fortune

日常が活気づき、世界が広がる時期。多面的な力を鍛えて。

ラッキーマイスター木星は活況ゾーンを運行し、リア充ライフを応援。刺さるイベントに遭遇して退屈な日常にハリが出る、ネットワークが広がって関心分野や友人も多様化するなど、ワクワクが止まらないかも。知的好奇心を刺激され、勉強や読書の面白さに開眼する射手座もグンと増えるはず。

そんな楽しげなムードに水を差すのが、ルーティンエリアで居直る天王星。いよいよ本調子という段でトラブルに足止めを食う、味方と思っていた相手の実態がわかって人間不信に陥るなんて、予想外の顛末にモヤッとさせられがち。実はそれ、あなたの未熟さ、学習不足に対する戒め。何か始めたり、誰かと深く関わったりする際は、事前の情報リサーチで不安要素や注意点を洗い出しておく。知識&スキル磨きも、一面だけでなくあらゆる角度からアプローチ。そんな多面的な力とスタンスを身につけることが、この半年間の真の課題と覚えておきましょう。

星の配置がガラリと変わる5月以降は一転、家族の世話や身内のフォローをはじめ、プライベートな雑務に時間を取られそう。それでも、スタディタイムはしっかり確保。語学、ビジネスマナー、ウェブデザイン…、内容や分野は何であれ、継続し続けることで着実に力がつき、努力という名の運の積立貯金が年末までには満期を迎え、豊かな恩恵を手にできる運びに。ヤル気が起きないときは、部屋や机のレイアウトをチェンジ。西側、水色、ミント系のルームフレグランスに、意欲増進効果が。コミュニケーションは、アナログとデジタルの併用でスイスイと。

1月

まったりムードの年明けながら、仕事始め以降は風雲急を告げる様相。正月ボケしていないで、すぐにギアをトップへ。朝の散歩やシャンプーは、運と頭を活性化。

2月

社交月間。個性や才能が異なる様々な人と触れ合うほどあなたの輝きも多彩に。ビビッときた相手とコミュニティ作りに乗り出すのも吉。スクラッチくじは買い。

3月

一時停止。何かやろうとするたび邪魔されるのは、不具合があるから。自分、環境、相手サイド…各方面からの問題チェックが必須。昔取った杵柄は使えそう。

4月

チャレンジモード。特に前半は、小さな挑戦に数多くトライしましょう。後に続く人が現れたら、しめたもの! 憧れの世界とつながれるサプライズも。後半は貧血、契約トラブルに要警戒。

5月

足場が揺らぎがち。居場所や大事に思っていた相手に異変が起き、慌てるやら落ち込むやら…。何はさておきケアに励むのが、愛の証では? 保険と積立は始め頃。

6月

ピンチとチャンスは紙一重。表面だけ見ていては、判断を誤りかねません。裏や今後の展開を読んで次の手を繰り出すこと。個人発信の動画&ラジオには好情報が。

オフェリア・麗さん G・ダビデ研究所主宰。西洋占星術をはじめ多くの占術を研究、占い界を牽引。的中率の高さで、常に注目が集まる。抜群の言葉センスにも定評あり。公式サイトはhttp://gdavide.com/

※『anan』2020年12月16日号より。イラスト・シライシユウコ 監修、文・オフェリア・麗

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。