アンアンからニュースを配信します!

北乃きいが苦笑い 舞台『真夏の夜の夢』の稽古が面白すぎて…!

2020.10.15
「稽古がめちゃくちゃ面白くて、お金を払って観たいくらいなんです」。開口一番、キラキラした瞳で語ってくれた北乃きいさん。現在、舞台『真夏の夜の夢』の絶賛稽古中。シェイクスピアの名作を野田秀樹さんが翻案した戯曲を、ルーマニアを代表する演出家であるシルヴィウ・プルカレーテさんが手がける。

日欧演劇界のトップが初タッグ。「そこに立ち会えてすごく刺激的です」

Talent

日欧を代表する演劇界の巨匠同士の初タッグだが、楽しくて仕方がない様子。

「プルさん(プルカレーテさんの愛称)が来日できないため、稽古場はZoomで繋いでおこなわれているんですね。毎日課題を渡されて、それぞれが家に持ち帰って考えて、翌日お昼にキャスト同士で合わせたものを最終的に見ていただくのですが、みなさんのお芝居がすごいんです。言われたことをやるのに精一杯の私と違い、先輩方は同じ場面でも何通りもやってみせるし、そこに自分なりのアイデアも付け足される。勉強になることばかりで、自分のシーン以外の場面も台本にいろいろ書き込んじゃっています」

嬉しそうに開いた台本には書き込みと付箋がびっしり。「書きすぎて、何が大事かわからなくなっちゃうんですけれど…」と苦笑い。

「学生時代、仕事で忙しかったのもあって勉強の仕方があんまりうまくないんです。でも好きなものに関して勉強するのは好きなんですよね。台本はオフの日も持ち歩いていて、普段何気なくスマホを見る感覚で台本も気づいたら開いているくらい」

今作は、原作の複雑に絡み合った恋模様に、人間が深層に隠し持つ嫉妬や憎悪を重ね合わせ、野田さんらしい遊びを交えた喜劇。しかし、プルカレーテさんはコメディではなく、「人間の抱えるセクシュアルでダークな部分を描きたいんだそう」。

「プルさんと我々で戯曲についてディスカッションすることも多いんです。野田さんがプルさんを全面的に信頼しているからできるんでしょうけれど、いまの時代に合わせて言い回しをどう変えるかとか、書かれた当時のギャグや歌をもじったセリフをどこまでカットするかとか。普段、そこまで役者が携わる現場ってないので、そこに立ち会えてすごく刺激的です。しかもプルさんが、私にはまったく想像もつかなかったような解釈の仕方で戯曲を読まれていたりする。いろんな解釈ができる野田さんの脚本もすごいと思いますし、別の演出家がやるからこその違う魅力もあるんじゃないかなと思います」

8

舞台『真夏の夜の夢』 老舗割烹料理屋の娘・ときたまご(北乃)は板前のデミ(加治)という許婚がいるが、ライ(矢崎)との恋を諦められず駆け落ちを決行。二人を追いかけるデミと彼を愛するそぼろ(鈴木)に妖精たちが絡み…。10月15日(木)~11月1日(日) 池袋・東京芸術劇場 プレイハウス 原作/ウィリアム・シェイクスピア(小田島雄志訳「夏の夜の夢」より) 潤色/野田秀樹 演出/シルヴィウ・プルカレーテ 出演/鈴木杏、北乃きい、加治将樹、矢崎広ほか 全席指定 S席8500円 A席6500 円 サイドシート5000 円ほか(すべて税込み) 東京芸術劇場ボックスオフィス TEL:0570・010・296 https://www.midsummernights-dream.com/ 新潟、松本、兵庫、札幌、宮城公演あり。

きたの・きい 1991年3月15日生まれ。神奈川県出身。14歳より女優として活動する傍ら、2014~‘16年には『ZIP!』でMCなども務めた。主演映画『戦国ガールと剣道ボーイ』の公開も控える。

ワンピース¥169,000(アクリスプント/アクリスジャパン TEL:0120・801・922) イヤリングはスタイリスト私物

※『anan』2020年10月21日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・コンテンポラリーコーポレーション チーム西 インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)