アンアンからニュースを配信します!

おこもりにストレッチ! “ハトのポーズ”で胴まわりスッキリ

2020.5.9
背すじを伸ばしたまま足を腕に引っ掛ける“ハトのポーズ”。後屈ができるようになってからトライしたいこのポーズのポイントは、ももの外側。ここをやわらかくしておくと、上体を崩さず、ピンとキレイに足を腕に引っ掛けられる。ここでは、そんなハトのポーズのやり方を“柔軟王子”の愛称で知られる柔軟美トレーナー・村山巧さんが伝授。『筋膜アプローチ』と『脳科学アプローチ』を組み合わせた『トップギアストレッチ』で、おこもり中のカラダ磨きを。
training

後屈に必要なストレッチでカラダの前面がやわらかくなってから、ハトのポーズへ。このポーズをやるためのポイントは、カラダの前面のしなやかさに加えて、ももの外側の柔軟性。足を腕に引っかける際に不可欠に。

ここにアプローチ…外もも

筋膜アプローチ(左右各30秒以上)

外もも

体重をかけながら押してしっかりやわらげよう。

training

横座りになり、ももの外側を両手で押す。脚のつけ根から膝上まで、体重をかけつつしっかりと。外ももがかなりカタい人は、少しイタいくらいの強さで、こぶしで叩いてもいい。

脳科学アプローチ(左右各3回以上)

外もも

腰を持ち上げて脱力。外ももの伸びを感じて。

training

横向きに寝そべり、下の脚を伸ばして上の脚を曲げる。腕を突っ張ってカラダを支え、下の脚の力で腰を持ち上げる。2秒後、脚を脱力。床にお尻がつかないように3回繰り返す。

ハトのポーズができるとカラダにこんなメリットが!

ウエストまわりのスッキリ感が目指せる。
外ももの筋肉には骨盤を安定させる役割があります。ここをやわらげたら、ウエストまわりがスッキリした、なんて生徒さんの声も聞くほどです。

村山 巧さん 柔軟美トレーナー。延べ2万人以上を柔軟なカラダに。著書『自分史上最高の柔軟性が手に入るストレッチ』(かんき出版)が大ヒット。

※後屈のポーズはこちら
https://ananweb.jp/news/287321/

book

『カラダを柔らかくしてあらゆる悩みを解決!超速効ストレッチ』(小社刊)。肩こりや腰痛などカラダの悩み別ストレッチが満載。

ダイパターンブラトップ¥11,000 ダイパターンレギンス¥12,000(共にスリア/インターテック TEL:050・3821・2940)

※『anan』2020年5月13日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・白男川清美 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・莉帆 構成、文・保手濱奈美

(by anan編集部)