松下洸平「ずっといたくなるなぁ」 東京都現代美術館にうっとり

2020.4.10
いま気になる名美術館を、俳優・松下洸平さんとカメラマンの矢吹健巳さんと巡ります。今回は「東京都現代美術館」です。

かっこいい空間でありながらポップな魅力もある建築。

12
Travel

松下:この建築を設計した柳澤孝彦さんが大好きで、何度か来たことがあるんです。1年前にリニューアルしたばかりなんですね。

矢吹:僕も、プライベートで一番よく訪れる美術館はここなんです。

工藤(美術館広報):設備等を改修したのに加えて、館内外のサインをわかりやすくしました。当館は木場公園に面していて公園側からの出入り口も今回整備しました。その隣にあるオブジェは、英国の彫刻家アンソニー・カロの「発見の塔」(写真上)。時間帯によっては、松下さんのように登っていただくことも可能です。

松下:思ったより高くて、上に立つと気持ちよかったです。

工藤:中庭一面に広がる象徴的な壁ですが(写真下)、開館当時は人が近づくと音や光が反応する仕掛けがあったと聞いています。おすすめなのは、中庭の階段から下りたところにある「水と石のプロムナード」。知る人ぞ知るスペースなんです。公園からもアプローチできて、ここで読書している人もいますよ。

松下:綺麗な空間に光がさしこんで、素敵ですね。なんだかずっといたくなるなぁ。

矢吹:エントランスのベンチにずっと座っているだけでもいいし、ミュージアムショップで写真集を見たりするのもいいですよね。

松下:天井が高くてかっこいい空間だから、圧倒されそうにもなるけれど、実際中に入ってみるとポップ。かわいらしさもありますね。

矢吹:今回撮影した中庭は、今日はお一人で立ってもらいましたけれど、あそこに人が大勢いたとしてもすごく美しい景色になる。そういう空間って、いるだけでワクワクするし、創作意欲が湧く。今日はかっこいい人がいて、かっこいい空間があったらこう撮るしかないという素直な感覚に従って、撮影してみました。

東京都現代美術館 東京都美術館の戦後美術のコレクションを引き継ぎ、1995年に開館。改修のため3年の休館を経て2019年春リニューアル・オープン。国内外の現代美術、図書資料を体系的に収集する。「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」ほか、展覧会を開催中。東京都江東区三好4-1-1 https://www.mot-art-museum.jp

まつした・こうへい 1987年生まれ。東京都出身。高校時代は油絵を専攻。連続テレビ小説『スカーレット』の十代田八郎役で注目を集める。映画『燃えよ剣』に出演。

やぶき・たけみ 1982年生まれ。福島県出身。日本大学藝術学部写真学科卒業。ファッション、広告の分野で活躍。写真集『gengetsu』(2015)は、面識のない50人の人物を30分のフォトセッションで撮り下ろした作品。

※『anan』2020年4月15日号より。写真・矢吹健巳 スタイリスト・渡邉圭祐 ヘア&メイク・五十嵐将寿 取材、文・松本あかね

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。