アンアンからニュースを配信します!

肌を“格上げ”する「ひと手間」とは? プロが教えるベースメイク術

2020.3.1
「2020年春のananモテコスメ大賞」を受賞した“新作ファンデ”のポテンシャルをあますところなく活かせる“格上げ肌”の作り方とは? ヘア&メイクアップアーティスト・AYAさん流テクニックをじっくりレクチャーします。このひと手間で、肌は一気に格上げ!

AYAさんの「格上げ肌」講座

ベースメイクの達人=道具上手、と心得よ。
ベースメイクのキモは“とにかくなじませること”とAYAさん。「各パーツによってなじませ方&使うツールを変えるのがポイント。例えば、リキッドファンデの仕上げは、厚みのあるスポンジで。パッティングしながらなじませることで、フィット感がぐっとアップして崩れにくく。また、パウダー類でメイク直しをする時は、スポンジではなくブラシを使うのがオススメ。厚塗りを回避でき、ふんわりとした軽やかな仕上がりに」。ベースメイクの仕上げ&お直し時に取り入れたいAYA流ツールテクをいざ実践!

1、肉厚スポンジでフィット感をアップ。

base

余分な圧がかかりにくい厚みのある大きめのスポンジで軽くパッティング。圧が強いとムラやヨレの原因になるので注意。

2、フェイスラインはスポンジでぼかし塗り。

base

ファンデーションはフェイスラインを外して塗り、仕上げにスポンジで外側にぼかしていくことで、メリハリ感もUP。

3、お直しは大きめブラシでふんわりと。

base

大きめのブラシにパウダーを取り、内側から外側に向かってオン。毛先が軽やかなブラシならより自然な仕上がりに。

4、気になる午後の毛穴はくるくる塗りでカバー!

base

毛穴の凹凸が気になる部分は、小さめのブラシにパウダーを取り、くるくると小さな円を描くようになじませリタッチ。

ファンデーションはコレ!

決して厚塗り感はないのに、自然に悩みをカバーしつつ上質な素肌感を演出してくれる優秀アイテムをテクスチャー別にセレクト。新たな出会いも多い春、フレッシュ&軽やかな肌印象を残して。

base

1、フレッシュなツヤめきで褒められ肌に 賞

アウェイク「プットオンアハッピーフェイス ティンティド モイスチュアライザー」
時短で美肌を叶えるCCクリーム。
10種類のボタニカル成分配合で、乾燥やくすみをケアし、みずみずしいうるツヤ肌にメイク。「手でぱっとなじませてもキレイに塗れるから、時短にも」(モデル、YouTuber・石井亜美さん)。「肌に負担なくメイクできるので、ココロも一日中ハッピーに」(美容エディター&ライター・風間裕美子さん)。SPF50+・PA++++ 全3色 30ml 各¥3,800 ※00 lightのみ3/6発売(Awake)

2、透明感と潤いに満ちたご自慢スキン 賞

ランコム「タン クラリフィック リキッド」
ツヤやかなうるみ肌が簡単に!
新化粧水「クラリフィック」と共通の成分を配合。本格的なスキンケア効果とメイクアップ効果を両立。「軽やかな使用感で肌ストレスゼロ」(ヘア&メイクアップアーティスト・KUBOKIさん)。「丁寧にお手入れしたかのような美しい肌に。自然な素肌感もありつつ、きちんと感も!」(ヘア&メイクアップアーティスト・河嶋希さん)。SPF25・PA+++ 全5色 30ml 各¥6,000 3/13発売(ランコム)

3、ハッピー感MAXな透けツヤ肌 賞

ポール & ジョー「ヴェール ファンデーション」
ヘルシーで幸せ感あふれる肌に。
自然な赤い光を放ち血色や透明感を与える“スクレルージュ”など、厳選したパールやパウダーを配合。「ずっとつけていたくなるほど軽やか!」(美容ジャーナリスト・鵜飼香子さん)。「粉っぽさを感じずパウダリーが苦手な人にも猛プッシュしたい逸品」(美容エディター&ライター・安井千恵さん)。SPF30・PA+++ 全3色 各¥5,000※セット価格 3/1発売(ポール & ジョー ボーテ)

2190 base2-6

4、息を呑むほど美しいハリ肌になれるで 賞

ジバンシイ「タン・クチュール・クッション」
見とれるほど端正な肌に。
最先端のテンション・テクノロジーを採用。キメまでもピンと張ったようなハリ肌をロングキープ。「美しい仕上がり&ハート型のスポンジにトキメク」(モデル・栢まり子さん)。「ほどよいマット感で肌のアラを完璧カバーできるのに、重さはなくお直しもラク」(KUBOKIさん)。SPF20・PA++ 全6色 各¥7,100(パルファム ジバンシイ)

5、好感度MAXなナチュラル美肌 賞

SHISEIDO「シンクロスキン セルフリフレッシング カスタムフィニッシュ パウダーファンデーション」
フレッシュ肌が長時間持続。
汗、皮脂、動きによる化粧崩れを防ぎ、自然でなめらかな仕上がりを一日中キープ。「クリーミーなパウダーがなじませた瞬間肌と一体化。何もつけていないかのような心地よさ!」(ヨガインストラクター・渡辺由布子さん)。「すべるようになめらかなシルキー肌に」(ヘア&メイクアップアーティスト・笹本恭平さん)。SPF35・PA++++ 全5色 各¥6,400※セット価格(SHISEIDO)

6、ヌードコンシャス肌に視線釘付け 賞

シュウ ウエムラ「アンリミテッド ファンデーション スティック」
どこまでも薄く、軽いヌード肌に。
肌になじませた瞬間、クリームから驚くほど軽やかなパウダーへ変化。ハイライトやシェーディングとしても◎。「肌のアラを自然にカバーして、憧れの美人肌に!」(ヘア&メイクアップアーティスト・Georgeさん)。「スティックだから持ち運びにも便利。素肌と見紛うほど仕上がりはナチュラル!」(美容エディター&ライター・松原彩)。SPF21・PA++ 全12色 各¥5,400(シュウ ウエムラ)

AYAさん ラ・ドンナ所属。トレンドを押さえたメイクと繊細なテクニックで女優やモデルからの指名が絶えない人気アーティスト。ナチュラルなのに上質肌に見える肌作りの天才!

※『anan』2020年3月4日号より。写真・寺田茉布(LOVABLE/モデル) 五十嵐 洋(商品) スタイリスト・中根美和子(モデル) 野崎未菜美(商品) ヘア&メイク・AYA(ラ・ドンナ) モデル・夏子 取材、文・松原 彩

(by anan編集部)

美容-記事をもっと読む-_バナー

便秘もおなかのハリも…腸活で脱・ぽっこり。-PR