アンアンからニュースを配信します!

KEYTALKが6枚目のアルバム! 「今の僕たちにもあてはまる歌」

2019.11.12
夏フェスで欠かせない人気を誇るロックバンド、KEYTALK。6枚目のアルバム『DON’T STOP THE MUSIC』は、バリエーション豊かなダンスチューンがずらり。特に、アルバムのラストを飾る「少年」は、甘酸っぱい青春感を放ちながら、「夢の続きを追いかけよう」と歌うエモーショナルな曲。KEYTALKの魅力であるツインボーカルの掛け合いも堪能できる。
music

「『少年』は、巨匠(寺中)の歌がハマりそうな曲というテーマで作り始めたんです。でも思った以上にエモくなっちゃって、俺もたくさん歌いたいなと(笑)。レーベルを移籍して、新しいスタート地点に立った今の僕たちにもあてはまる歌」(首藤義勝・Vo&Ba)

「自分たちのことを歌ってるような印象を受けた。ライブで演奏するのが楽しみな曲です」(八木優樹・Dr&Cho)

「今までの曲にはないくらいの低いキーから始まってサビで盛り上がる流れが歌詞ともリンクする。アルバムの最後の曲にふさわしい」(小野武正・Gt&Cho)

下北沢で結成してから約10年間、一貫して抜群のメロディのダンスロックでリスナーを楽しませている。

「メジャーで活動している以上は、ライブにお客さんが来てくれて成立していると思っています。だから、求められているものは大事にしたい。でもそのまま与えるのではなくて、プラスでもっと驚かせることは絶対必要だと思っています」(寺中友将・Vo&Gt)

「ライブで新しい曲を演奏して、そこでお客さんからフィードバックをもらうことで成長してきた」(小野)

メンバー4人がとても仲が良く、またお酒が好きなことでも知られる。飲みながらのシリアスなミーティングがあったりするのだろうか。

「たまにはサイゼリヤとかでまた4人で集まりたいんです(笑)」(小野)

「この前久しぶりに一緒に行って小野君に煽られてかなり飲んだら、次の日めちゃくちゃ頭痛くて。それがフェスの本番日でした(笑)。ライブはちゃんとできましたけど」(寺中)

「(笑)。それはただ飲んだだけですけど、節目節目で4人だけで今後について話すことはあります。でも改めて集まらなくても逐一共有はしているので、ぶれたりもしないんだと思います」(小野)

music

6thアルバム『DON’T STOP THE MUSIC』【初回限定盤A CD+DVD】¥3,800 【初回限定盤B/完全数量限定 CD+ラバーバンド】¥3,000 【通常盤CD】¥2,600(UNIVERSAL MUSIC/Virgin Music)

キートーク 左から、小野武正(Gt&Cho)、首藤義勝(Vo&Ba)、寺中友将(Vo&Gt)、八木優樹(Dr&Cho)。11月8日の北海道Zepp Sapporo公演を皮切りに、全国6か所のツアーを行う。

※『anan』2019年11月13日号より。写真・内山めぐみ 取材、文・小松香里

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ