アンアンからニュースを配信します!

乃木坂46・堀未央奈「まだ安心して卒業はできない」

2019.6.30
乃木坂46の“今”を牽引するエース、堀未央奈さんがまもなく公開の映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』でヒロインとして銀幕デビュー。女優としての道を走り始めた堀さんが見つめる自分とグループの未来、そして意外な“野望”とは…?
hori miona

――撮影を終えて、グループ活動に戻った時、自分の中で変化はありましたか?

それはありますね。一人で活動していて久しぶりにグループに戻ると「家族みたいだな」ってほっとします。環境に甘えてはいけないけど、グループへの愛が強くなることで、チームワークもより強く感じられるので。

――“メンバー愛”も深まった?

はい、撮影中もメールで励ましてくれたので。松村(沙友理)さんも同時期に映画の撮影に入っていたんですけど「みおたん大丈夫かなー」ってずっと言ってくれてたみたい。(齋藤)飛鳥も「映画館で観るからね」って。絶対コソコソ行くんだろうなあ…、っていうか本当に行くかな?(笑)メンバーはライバルであり家族。私も映画を経験してそのありがたみがわかった。みんなのソロ活動を応援する気持ちが強くなりました。

――この作品を経験して、女優としての意欲も強まりましたか?

はい、いろんな役を演じて役を輝かせる女優になりたいです。「堀未央奈」という名前より、役名だけ残るような存在に。

――街を歩いていたら役名で声をかけられるような…?

そう、それがいいです! 私は私で存在しているので、映画の中ではしっかりと役を生きたい。

――早くも女優魂ですね。

まだまだです(笑)。でも様々な役を演じることで私自身もどんどん変わっていきたい。安定するより変化したい、そういう部分は役者に向いているのかもしれません。

――乃木坂46の活動も変化の連続ですよね。

そうなんです。変化を受け入れて、その上で挑戦していく…という姿勢は乃木坂46にいるからこそ身についたのかも。

――将来やってみたい役は?

ゆくゆくは色々な役に挑戦したいけど、22歳の今は、現在の私の感情を大事に演じられるものに向き合いたいですね。学生の役や家族を扱ったものとか…。あ~、でも女優以外にもやりたいことが多すぎて。死ぬまでに叶えたいことは数え切れない…。でも全部叶えようと思っています!

hori miona

――映画の中で「私が私自身を追いかけたいの!」と叫ぶ場面、積極的に生きる堀さんと重なりました。そんな堀さんが今追いかけたいものは?

お芝居以外だと、洋服とかコスメとか「女の子にまつわるもの」ですね。今、夢中なのは美白! 「白くなったね」って言われるのが快感で、コスメもビタミンもいろいろ試しています。最近はパーソナルカラー診断が受けたくて! ファッション誌を読むとパーソナルカラー別に洋服が紹介されていたりするので「知らないとやばいかも!」って焦っているんです。あと、最近は自分用にハーブティーを調合してもらったり、それと、えーと…。

――トレンドも積極的に楽しむ、まさに女の子の鑑!

そう言われるとうれしい! いつも気になる情報はスマホの中で「ファッション」「メイク」「ヘア」とフォルダーごとに保存して、一つずつ実践しているんですよ。その中で試してよかったことは、これからコンテンツとして発信してみたいです。あとダイエット期間は、実践項目を書き出して、家族にグループメールで送ります! 「ご協力お願いします!」って。

――その実行力と発信力はどこからくるんですか…?

やっぱり叶えたいことは口に出さないと。自分の魅力や目標は自分で発信しないともったいない。

――でも、公言するのって勇気がいることですよね。

だけど見つけてもらうのを待っていたら、乗り遅れちゃう。もやもやしているより、チャンスは自分から掴みにいきたいほうです。それに、人をプロデュースすることにも興味があります。

――自分だけでなく他人まで?

あはは。素敵な人が何をしているのかを調べるのが好きなんです。すると、皆さんちゃんと自分の強みを生かす努力をしているものなんですよね。その発見をもとにメンバーにも洋服を選んだり、それでメンバーが喜ぶ顔を見るのもうれしいです。「かわいくなる」って、自分に自信を持つための活動だし、周りに関心を持ってもらえるきっかけでもあるんですよね。自分を大切にするために必要なことだから、みんなにも広めたい!

――自分だけでなくみんなでかわいくなるってハッピーですね!

もしそうできたらいいですよね。自分の人生を楽しみつつも、周りの人も巻き込んで充実した人生にしたいとは思っています。そしてゆくゆくは仕事をしつつ家庭も大事にし、自分の美も追求し続ける。そんな女優オードリー・ヘップバーンのような芯のある女性になれたらいいな。でもいつかグループを卒業した時、一番頑張りたいのはお芝居だというのは、この映画であらためて実感しました。がんばります!

――卒業…。イメージすることはありますか?

…ちょっとずつ。でも4期生は入ったばかりで3期生もまだ2年。アイドルとして活動するには才能や実力だけでなく経験も大事です。その「経験」は私たち1、2期が伝えていくものだし、それが乃木坂46を息の長いグループにしていくと思う。今はその使命感が大きいので、まだ安心して卒業はできないですね。それに今回メンバーにも支えられていることがよーくわかったし、やっぱりまだ一人は寂しいな(笑)。

ほり・みおな 1996年10月15日生まれ、岐阜県出身。乃木坂46の2期生。黒髪ボブがトレードマークの清楚なルックスと、映画鑑賞や茶道など多趣味な内的魅力の両面で人気を集める、グループの中核メンバー。ファッションなど、トレンドへのアンテナの高さもグループ屈指で、女性誌のレギュラーモデルも務める。愛称ほりちゃん、みおな。

伝説の人気少女漫画を原作とした映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』。2019年の東京らしい景色の中で、堀さん演じる奥手な女子高生・初と3人の男子の切ない恋が繰り広げられる。みずみずしい恋模様と同時に、大人になることの切なさに胸が締め付けられる作品。6月28日、東映系全国ロードショー。

※『anan』2019年7月3日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・菅野 悠 ヘア&メイク・吉田真佐美 インタビュー、文・大澤千穂

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

朝・昼・晩、3500時間どんな時もスキンケアタイム&“モテ”時間。
ファンデ美容で叶うこと。