アンアンからニュースを配信します!

人気コミック『町田くんの世界』実写化! 主役の2人は超新人!?

2019.6.5
“人が好き”で、困っている人は放っておけない町田くんと、彼に戸惑いながらも心を動かされていく周囲の人々を描いた人気コミック『町田くんの世界』。実写化にあたり、『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』などの代表作で知られる石井裕也監督は、主人公・町田くんとヒロイン・猪原さん役に、オーディションで選んだ超新人をキャスティングしました。
move1

細田佳央太さんと関水渚さんのお二人です。

細田:関水さんと二人で臨んだ最終オーディションで、主役を演じることを知ったんです。発表自体は、監督の「いいんじゃない」という軽い一言だったので、最初は何を言っているのか呑み込めませんでした(笑)。

関水:私は、その後に「君が町田で、君が猪原ね」と言われるまで、ダメだったのかと思っていて。

細田:急だったからね。共演させていただく方々のお名前も、リハーサル中に知らされたんです。

関水:あの時は不安でたまらなくなりました。憧れのみなさんと一緒にお芝居することが信じられなくて。

細田:役作りをする中でも、不安は常にありました。町田くんは“人が好き”で、困っている人は誰でも助けようとしていて、常に何事にも全力。周りにはいないような人なので。

関水:走り方も全力だもんね。猪原さんが町田くんに追いかけられるシーンは、後ろからの迫力がものすごくて、怖かった(笑)。

細田:あれ、石井監督と走り方を研究したんだよね。原作のタイム通り、遅く走るために。役作りするにあたって、監督が常に一緒に考えてくださったのが心強かった。

movie2

関水:私は“人が嫌い”で人間不信な猪原さんの、振り切った芝居がなかなかうまくできなくて。監督の指導に本当に助けられました。そういえば、撮影中はお互いほとんど話さなかったよね。

細田:確かに。自分の役を演じることに精一杯で、周りを見る余裕がなかったんです。関水さんと共演するシーンは多かったけど、常に気を張っていたから。

関水:そんな中、共演したみなさんが気遣って声をかけてくださったので、リラックスできたんです。

細田:確かに、太賀さんや岩田(剛典)さんから「学校どう?」みたいに話しかけてもらえて、張り詰めていた緊張がほぐれたな。

関水:そういう意味では、振り回されながらも、町田くんや猪原さんをそれぞれの距離感で見守ってくれている登場人物たちと、似た関係だったかもしれないです。

細田:常に全力で一生懸命になることって、冷たい目で見られることもあるけど、町田くんの奮闘を観たら、本当は格好良くて素敵なことだと感じてもらえると思います。

右/ほそだ・かなた 2001年12月12日生まれ、東京都出身。小学2年生で芸能界へ。直近ではWOWOW『連続ドラマW 悪党~加害者追跡調査~』に出演。特技は剣道とバスケットボール。

左/せきみず・なぎさ 1998年6月5日生まれ、神奈川県出身。2020年に映画『カイジ ファイナルゲーム』が公開予定。特技は野球のスコア付けと書道。趣味はお菓子作り。

『町田くんの世界』 監督/石井裕也 脚本/片岡翔、石井裕也 原作/安藤ゆき 出演/細田佳央太 関水渚、岩田剛典 高畑充希、前田敦子 太賀 池松壮亮 戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉 松嶋菜々子ほか 6月7日(金)より全国公開。©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

※『anan』2019年6月12日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・岡本健太郎(細田さん) 臼井 崇(THYMON Inc./関水さん) ヘア&メイク・菅野彩香(ENISHI/細田さん) 板倉タクマ([ヌーデ]/関水さん)

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法