アンアンからニュースを配信します!

きゃりー「恋愛」を語る 好きなタイプは“ビューネくん”!?

2019.5.25
「音楽って、人を幸せにできる。それって本当に素敵なこと。私の歌で誰かが少しでもそう思ってくれたら、本当に嬉しい」。“偶然”歌手になったきゃりーぱみゅぱみゅが、10年を経て、今思うこと。
12

新しい年号の時代、もっと頑張って、もっとかっこよく生きたいです。

‘90年に、“原宿で話題の派手な女の子”として雑誌に登場し、今年で10年というきゃりーぱみゅぱみゅさん。ガールからレディへと変貌を遂げた10年を振り返りつつ、令和の時代への展望について、熱く語っていただきました。

――高校生時代に原宿で声をかけられ、雑誌のスナップページに登場して、その約2年後にメジャーデビューとなりましたね。当時から、ミュージシャンになりたいとか、芸能界に入りたいとか、そういう気持ちはあったのですか?

きゃりー:いやいや、何も考えてなかった、というのが一番正しいかも。いわゆる読者モデルになったんですが、バイト感覚でしたし。好きな洋服を着て写真を撮っていただいて、アルバイト料金みたいなのをちょっともらえて、「ラッキー!」という感じでした。

――将来の夢とかは?

きゃりー:そういうの、昔も今も、あんまりないんです。あ、でも、とにかく洋服が好きだったので、ファッション系の専門学校に願書を出しつつ、どうしようかなぁとぼんやりしていたときに、今の事務所の社長と中田ヤスタカさんに声をかけてもらって、「なんか楽しそうだから、やってみようかな」って感じで、始まったというか。

――雑誌に初めて出てから10年。

きゃりー:ねぇ、あっという間でした。たぶん社長も、中田さんも、もちろん私も、こんなに長く続くとは思ってなかった気がします。楽しいね、楽しいねって、遊び心をもってやってきたら、10年経っていたっていう。でも特別な経験をたくさんさせてもらったし、いろんな人のおかげで今の私があると思うので、感謝しかないです…と言うと、「辞めるの?」とか言われそう(笑)。辞めませんよ(爆笑)。

――とはいえ大変なことも多かったのではないかと…。

きゃりー:そうですね…、私は18歳でデビューしたんですが、その頃は若かったので、10代特有の“突き進んでいく!”みたいなパワーに満ちていて、新しい課題をもらって、それをクリアしていくのがすごく楽しかったんです。ゲームみたいな感覚っていうのかな。だからプレッシャーとかもなかったし。いきなりワールドツアーとか言われて、正直「はぁ?! どうしたらいいの?」って感じはあったけれど、「無理、できないよ」みたいな気持ちは、なかった気がします。

――その仕事に対するいい意味でのゲーム感覚は、今も変わらず?

きゃりー:チャレンジして、それをクリアすること自体は楽しいんですが、仕事の仕組みややり方などが分かるようになってきたので、気持ちだけで突破、みたいなことはできなくなったかな…。昔に比べて、いろんな提案をさせてもらっているので、楽しさもおもしろさも増えてはいるんですが、そのすべてが通るわけではないんですよね。予算など、現実的な問題がある。ただ、提案が実現不可能ってなったとき、「じゃあもういいです!」って、萎えたりすねたりするところがある。その辺りは、まだ子供だと自分でも思うので、もうちょっと成長したいですね。大人として仕事をするって大変ですが、そういう人たちに支えてもらえているからこそ、自分があるということを、日々実感しますね。

――あえて言うなら“ゆる~っ”と今の仕事に就いたわけですが、仕事への思いみたいなものは、この10年で変化はありましたか?

きゃりー:変わりましたね。例えば、宇多田ヒカルさんの曲とか聴くと、昔は「歌、上手いな。最高!」って思って終わりだったんですが、今はそこに、「で、自分って…」って思って沈んだり、自分以外の方の素晴らしいライブを観て、「最高! リスペクト!」って気持ちになりつつ、同時にすごくイヤになっちゃったり(笑)。なんだろう、特にこの3年くらい、悔しいなと思ったり、「自分とは?」みたいなことを考えるようになりました。

――“ザ・個性の塊”みたいな感じでデビューしたきゃりーさんが、自分の存在に悩むって、なんか不思議ですね…。

きゃりー:なんだろうなぁ、私、もともと、“今が楽しけりゃいいじゃん”って感じなので、むかしばなしだと痛い目に遭うタイプなんですよ。

――え、むかしばなし…?

きゃりー:「うさぎとかめ」で言うなら、私はうさぎなんです。「イェーイ!」ってタイプ。コツコツ努力系ではない。かめのように積み重ねて…みたいなことができないんです。努力系の人たちから、「デビューしてすぐ武道館で早10年、トントン拍子で羨ましい」って言っていただくこともありますが、確かにそういう部分もあるけれど、でもコアなファンをつけずにここまできちゃったなぁ、とか、結構デリケートな悩みを持ってるんです、私も(苦笑)。でも、いわゆる“きゃりーぱみゅぱみゅ”のイメージと少し違うことをすると、「変わった! どうした?!」って詮索されたりするし…。

――今回撮影させていただいた写真を見ても分かるのですが、実はきゃりーさんって、デビュー当時と比べると、変化してますよね。

きゃりー:そう、そうなんですよ。でも一般的な目で見ると、私はやっぱりいまだに、ド派手で原宿ガールで、サメが好きで大きなリボンを着けてる女の子、なんですよね。もう5年くらいそういう格好してないのに!(笑) また、シックなビジュアルにすると、「どうしちゃったんですか? 結婚ですか?」とか、「ホントはああいう派手な格好、したくなかったんですか?」とか言われるし…。あ~、もう、難しいいい!! って感じ(笑)。ただ私自身も、誰かが髪を切ったりすると、「どうした? なんかあったのか?!」とか勘繰っちゃうところがあるから、まずは私がそういう思考をやめよう、とは思ってるんですけどね。令和の時代、今までとは違うことにいろいろ挑戦したいと思っているので、ぜひみなさんには温かく見守っていただけると嬉しいです(笑)。

――世の中の人のほとんどがスマホを持ち、見たこと、聞いたことをすぐにネットで世界に拡散できる今。ご職業柄、恋愛がしづらかったりするのでは…と思うのですが、プライベートな意味では、この10年どうでした?

きゃりー:恋愛は、私に関しては、見えてもいいと思ってます。だって恋っていいことだと思うし。まあ発表することでもないとも思いますけど(笑)。でも、“お泊まり愛”って言葉だったり、白黒の隠し撮り写真だったり、なんか、取り上げ方が、おじさんぽくてあんまり好きじゃないっていうか…(笑)。海外の場合、カラー写真だし、そもそも雰囲気が明るい! 少なくとも私がマスクしたり帽子を深くかぶったりしてるのは、生々しく書いてほしくないからだけなんですよ。そこも、ぜひ令和から変えてほしいところです(笑)。ただ、めっちゃくちゃ仕事頑張ってるんだから、恋愛くらいしてたっていいじゃん、大目に見てよ…っていうのが、私を含め、働く女子たちの願望だと思いますけどね。

――好きなタイプとかって、あったりします?

きゃりー:あんまりないです。好きになった人が好きなタイプ、みたいな感じなので。でも、「俺が、俺が」って人は苦手かな…。どちらかというと引っ張ってほしいけれども、でもお互いにいろんなことを吸収したいし、関係性はフェアでいたい。でも、なんか、女性が仕事を頑張ったり、そこで評価されたりすると、関係性のバランスが悪くなる感じって、ありませんか? これ、“働く女子あるある”だと思うんだけどな…。彼女が頑張ったことに対して、“俺だってこんなにやってる!”って言われると、癒されるどころか疲れちゃうし、もうそういうの面倒くさい…。あー、好みのタイプ、わかりました、CMの、〈ビューネくん〉ですよ。「頑張ってね、よしよし」ってしてくれる人がいい(笑)。

きゃりーぱみゅぱみゅ 1993年生まれ、東京都出身。‘09年ストリートスナップで雑誌に登場し、読者モデルとしての活動を開始。‘11年、中田ヤスタカ氏プロデュースの曲「PONPONPON」のMVをYouTube上に公開、世界的に注目を浴びた。同年7月にメジャーデビュー、日本のKawaii文化のアイコン的地位を確立した。現在はアーティスト活動に加え、テレビのMCなどでも活躍中。

日本テレビ系で放送中のドラマ『向かいのバズる家族』の主題歌でもある、ニューシングル『きみがいいねくれたら』が、配信リリース中。また、5/25に、ゲストに清水翔太、コレサワの2組を招いての対バンイベント「KPP CAMP」を沖縄の宜野湾海浜公園 屋外劇場で開催。

ジャケット¥85,000 パンツ¥50,000(共にHOPE/DELTA TEL:03・3485・0933) その他はスタイリスト私物

※『anan』2019年5月29日号より。写真・野呂知功(TRIVAL) スタイリスト・山口絵梨沙 ヘア&メイク・カワムラノゾミ 

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法