アンアンからニュースを配信します!

お互いをべた褒め!? 高橋一生&川口春奈、恋愛映画共演で「好きになる…」

2019.3.3
書店員が選ぶ、もう一度読みたい恋愛小説第1位に輝いた『九月の恋と出会うまで』が実写映画化。
タレント

未来から聞こえてきた誰かの声によって命を救われた志織と、そこで生じてしまったタイムパラドックスにより、志織の存在が1年後に消されてしまうことに気づく小説家志望の隣人・平野。一途に想い合いながらもすれ違っていく切ない大人のラブストーリーの主人公たちを演じるのは、本作が初共演となる高橋一生さんと川口春奈さん。

高橋:ここまで純粋なラブストーリーは、もうこの先できないだろうなと思ったんです。今38歳なんですが、これだけまっすぐな人間が、これだけまっすぐに人を想い続けるということを、自分の中で違和感なくできるギリギリの年齢のような気がして。お話をいただけたタイミングが本当によかったと思います。川口さんは年齢もお若いので、まさかラブストーリーでご一緒できるなんて思っていなかったんですけれど。

川口:私もこの作品の純朴さに惹かれたのはもちろんなんですけど、何よりずっと一緒にお仕事をしてみたいと思っていた高橋さんがお相手と聞いたので、ぜひやらせていただきたいと思ったんです。

高橋:そう言っていただけると、とてもありがたいです(笑)。

川口:高橋さんファンの方はもちろん、女性はみんなこの映画を観たら高橋さんのことが大好きになると思います。高橋さんが演じている平野は今まで会ったことがないくらい突拍子もないキャラクターなんですけど、掴みたいのに掴めない不思議な魅力があって、女性なら放っておけなくなると思うんです。

高橋:僕もまったく同じ感想で、この映画を観たらみんな川口さんのことが好きになるだろうなと(笑)。それくらい、川口さんが演じている志織は、平野の突拍子もない理論立てになんだかんだ真面目に耳を傾けてくれる、かわいらしくて素敵な女性なんです。

川口:実は私、共演する前は高橋さんのこと、もっと寡黙な人なのかなって勝手に思っていたんです。でも、私のくだらない話に、いつも「うんうん」と耳を傾けてくださるし、現場でも常にリードしていただいてすごく助かりました。

高橋:僕に対してそういうイメージを持たれる方は多いんですけれど、川口さんは早い段階から距離を飛び越えてきてくださったというか、気さくに話しかけてきてくださったので、すごく嬉しかったんです。

川口:高橋さんの演技を近くで見ていてすごいなと思ったのは、職人さんのように計り知れないほど奥深くまでキャラクターを作り込むこと。私は瞬発力でやるほうなので。

高橋:僕は川口さんのタイプに憧れます。僕が自由に動いても、それこそ直感で柔軟に立ち回ってくださって。僕には縁がないと思っていたまっすぐなラブストーリーのお相手が、しっかりと芝居を受けてくださる川口さんで本当によかったです。

45

『九月の恋と出会うまで』 不思議なマンションに住む志織と小説家志望の平野。ある日、志織は“未来からの声”に命を救われる。しかし平野は志織にタイムパラドックスが生じることに気づく。1年後、愛する志織の存在が消えることを知った平野は、声の主を探すため奔走するが――。3月1日、全国ロードショー。©松尾由美/双葉社 ©2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

たかはし・いっせい 1980年12月9日生まれ、東京都出身。俳優。近作にドラマ『僕らは奇跡でできている』『みかづき』など。映画『引っ越し大名!』が8月30日公開。

ニット¥32,000(オーラリーTEL:03・6427・7141) パンツ¥26,000(ウル/スタジオ ファブワークTEL:03・6438・9575)

かわぐち・はるな 1995年2月10日生まれ、長崎県出身。女優。ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~22:54)に和倉楓役で出演中。

ジャケット¥52,000  Tシャツ¥18,000 スカート¥28,000(以上アンデコレイテッドTEL:03・3794・4037)

※『anan』2019年3月6日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・秋山貴紀(高橋さん) 壽村太一(川口さん) ヘア&メイク・田中真維(MARVEE/高橋さん) 笹本恭平(川口さん) 取材、文・菅野綾子

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

みんなで始めればもっと楽しい。地球にやさしい選択(クールチョイス)。