アンアンからニュースを配信します!

トンコツじゃなくて“ツナコツ”? 逆輸入ラーメンがうますぎ!

2018.12.9
フードライター・平野紗季子さんの「MY STANDARD GOURMET」。今回は『YUJI Ramen Tokyo』のツナコツラーメンです。
料理

ツナコツラーメン? え? なにそれ。今年10月に清澄白河にオープンした『YUJI Ramen Tokyo』の看板メニューは聞き慣れない変わり者だ。それは豚骨ではなく鮪骨(ツナコツ)=マグロの中骨や頭で出汁をとった、マグロが主人公の魚介ラーメン。しかも生まれはブルックリン。もともとブルックリンで魚の卸売に携わっていた原口雄次氏が「捨てられてしまうアラを有効活用したい」というMOTTAINAI(モッタイナイ)精神でラーメン店をスタート。たちまち人気を博して6年、遂に逆輸入的に東京店が開店したというわけだ。

極細ストレート麺に絡む白濁スープは、ツナコツの濃厚さに圧倒されるがイヤな魚臭さはない。酒粕や柚子胡椒で風味を重ねていることもあり、すっきりとした後味が訪れる。その味わいがクセになるのか、普段ラーメンを前にしてそうそう思わない、“全部飲み干したい欲”にも駆られてしまう。たしかに喉が開くのだ。「飲み干してくださる方は多いですね。うちは化学調味料を使わず、手間と時間と命かけて作ってますから(笑)」と、店長の橋爪智恵子さん。「動物系の出汁を使わないので召し上がっていただける方が幅広いのも特徴です。これから東南アジアの方面にもこの味を広げていけたら」。“TSUNAKOTSU”が世界を席巻する日も遠くないかもしれない。

ツナコツラーメン(¥950)。トッピングには、表面が香ばしい炙ったツナコンフィを。〆ご飯(¥200)を残ったスープに投入するのも魅力的。

YUJI Ramen Tokyoまぜ麺(¥980~)も人気。東京都江東区清澄3-3-25 TEL:03・6240・3718 火~金曜11:00~14:00LO、17:30~22:00LO、土・日曜12:00~20:30LO 月曜休

ひらの・さきこ 1991年生まれ。フードライター。著書にエッセイ集『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)。

※『anan』2018年12月12日号より。写真・清水奈緒 取材、文・平野紗季子

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー


男が触れたくなる…?「愛されモチモチ肌」を手に入れるスキンケア方法