アンアンからニュースを配信します!

臭いかも…口臭の原因になる“唾液の減少”をセルフチェック!

2018.11.18
口臭、虫歯といったお口の悩みに免疫力の低下。それらはすべて“唾液”の減少が原因かも! 今まで意識してこなかった唾液の大切さを理解して。
321

虫歯になりやすい、舌が白い、口臭が心配など、口の中に気になることがある人は、唾液に注目。

「唾液は、口内の健康を保つうえで、最も重要な存在です。しかも、潤沢に分泌していることが不可欠で、口内のトラブルは、すべて唾液の量が少ないことが原因といっても過言ではないほど。逆に、唾液を増やせば、口の中はもとより、美容や健康にもいい影響があるんです」(歯科医・森昭先生)

ところが、今は唾液の量が少ない人が多いそう。

「原因の一つは、電子機器を長時間使う生活による姿勢の悪化。唾液は血液からできているので、姿勢が悪く、巡りが滞ると、唾液の量は減少します。また、やわらかいものばかりを好む食生活や、大きな声で話さないといった、口の筋肉を使わない習慣も、唾液を減らす要因に。唾液を増やすトレーニングは至極簡単。それで口の悩みがすべてクリアになるのだから、やらない手はありませんよ!」

唾液を増やすとどんないいコトがあるの?

【二重あご解消、リフトアップ!】
口の中は、意外にもむくみやすいと知っていた? 「唾液分泌には、口内の血行不良を改善する働きがあります。頬を噛んだり、それにより口内炎ができたりするのは、むくんでいる証拠。唾液がたっぷり分泌されれば、むくみが取れて、二重あごがすっきり。リフトアップも望めます。また、唾液の中には、成長ホルモンや若返りの因子も含まれていて、美容効果は絶大です」

【免疫力がぐんとアップ! 病気に負けないカラダに】
唾液の中には、免疫を司る成分も含まれているという。「そのため唾液が増えると、当然、免疫力が上がって、風邪をひきにくくなりますし、ひいてもすぐ治ります。また、疲れにくくもなるので、仕事など日頃のパフォーマンスがアップ。病気のリスクに関しては、唾液の殺菌作用も予防に大きく貢献。インフルエンザのような強いウイルスも、唾液で減らすことができるのです」

【虫歯・歯周病・口臭、一気に解決!】
美容や健康だけではなく、口内自体のトラブルも、もちろん唾液で解消できる。「唾液には虫歯から歯を守る作用がありますし、唾液のぬめぬめした成分は、歯周ポケットに菌が入るのを防ぐので、歯周病が回避できます。また、女性が気になる口臭の最たる原因は、口が乾いてニオイの元となる菌が繁殖すること。唾液がきちんと出ていれば、その心配もまずないでしょう」

【味覚が敏感になり、ごはんがおいしく感じられるように】
“味音痴”と思っている人は、唾液の量が少ないからかも。「たとえば白米を20~30 回噛むと、甘く感じられるようになりますが、これは唾液の働きによるもの。唾液には、このように食べ物本来のおいしさを引き出す作用があります。また、口が乾いて舌が乾燥していると、味覚のセンサーが鈍感に。その意味でも口内を潤すことが、食事をおいしく感じるための秘訣です」

唾液減ってませんか? お口のセルフチェック

  • 滑舌が悪いと最近よく言われる
  • 口内炎ができるようになった
  • ほっぺや舌を噛むことが多くなった
  • 口臭が気になる・指摘される
  • 歯茎が腫れて、血が出る

2つ以上当てはまったら唾液が減っているサイン!

森 昭先生 歯科医。竹屋町森歯科クリニック院長。唾液から口内の健康を提唱する第一人者。『体の不調は「唾液」を増やして解消する』(PHP研究所)など著書多数。

※『anan』2018年11月21日号より。イラスト・前田はんきち 取材、文・保手濱奈美

(by anan編集部)


#健康記事をさらにチェック!
#美容の記事を覗いてみる!
お口のニオイが気になったら…サプリ体験してみた記事はこちら!