アンアンからニュースを配信します!

【体験談】“顔、お金、仕事”ステイタス重視の女子が経験した愛欲の夜

2018.8.15
抱きしめ合うたび、熱を帯びてゆく肌。枕元にこぼれ落ちる愛の言葉。無我夢中で求め合った官能の記憶は、心も体も豊かにしてくれる。最高の時間を経験した読者が、忘れられないセックスを赤裸々に告白。彼女たちの快感を追体験すれば、幸せなセックスの本質に辿りつけるかもしれません。今回は美容サロン勤務の愛子さん(27歳)の体験談を紹介。
読者-1014×1024

「顔、お金、仕事。3つのステイタスが高い男性とセックスしています」と言う愛子さん。去年の年末、勤務している美容サロンにお客として来店した政明さんは、顔の合格点をはるかに超えていたため、セックスの期待も込めて、デートの誘いにのった。

――デートはどんなプランでしたか?

18時頃、新宿で待ち合わせて居酒屋さんへ。そこでは食べて飲んで、身の上話や仕事の話などをしました。政明さんはとにかく私を褒めてくれる人で、「可愛いね」とか「愛子ちゃんは俺のタイプ」とか、好意的なことをたくさん言ってくれました。

2軒目はカラオケへ。私のプランとして、ゴハンのあとカラオケへ行くってことは、“セックスOK”のサイン。だから、頃合いを見て私からバードキスを仕掛けました。そしたら政明さん、離れないように私の顔を持って。舌を入れて激しいキスをしてきたんです。このまま情事が進んでしまう前に、「ホテルに行きたい」と伝えました。

――そのときの気持ちは?

「この人とのセックス、どんな感じだろう?」って期待感でいっぱいでしたね。それに、政明さんは、ホテルへの移動中もずっと「好きだ」「愛子ちゃん、やばい…」って言ってくれる。その場のノリかもしれないけど、お酒も入っていたし。素直に愛を感じたから、テンションは高かったと思います。

だからかな。ベッドに入ってキスをしただけで、アソコが熱を帯びて濡れていたんです。私は、この体の充血を逃さないように、「首と背中を攻めて」って。政明さんは慣れているようで、私をうつ伏せに寝かせて。首に舌を這わせて、私の体がゾクッと反応したら、今度は背中一面をもれなく愛するかのように、優しいキスで攻めてくれました。しっとり濡れた粘膜の温かい刺激がただただ気持ち良くて…欲望が止められなくなって。「そこはもっと軽く」「腰にキスマークをつけて」と、自分が気持ちいいように誘導してしまいました。でも、政明さんはすごく従順にわがままを聞いてくれたんです。

しばらく快感に浸っていると、体を反転させられて。ぐっしょりと濡れたアソコの汁をじゅるじゅると吸い上げてきたんです。その卑猥な音を聞いて、めちゃくちゃにしてほしくなった私は、政明さんの顔にアソコを押し付けながら、「もっと強く吸い上げて」とリクエスト。政明さんは、クリトリスを指で剥き出しにして、ズズッと口に含んだと思ったら、硬くなった舌先でチロチロと舐め回してきました。そして、快感に溺れる私を見ながら、「愛子、好きだよ」って。その一言で心も体も完全にスイッチが入って…、衝動的に攻守交代。むしゃぶりつくようなフェラで政明さんのアソコを勃たせて、その上に跨がって。騎乗位で勝手に挿入してしまいました。

奥まで挿れたら、政明さんの恥骨にクリトリスをこすり付けるようにグッと腰を入れて、さらに深く突き刺して。そしたら、「あ…」と政明さんの低い声が漏れたから、私はさらに興奮。足の裏をベッドにつけて、和式トイレで用を足す格好になって、獣のように上下左右に腰を振っちゃいました。このポーズは恥ずかしいから、何回もセックスをしたことがある相手としかできないのに。快感が勝ったみたい。政明さんも興奮が抑えられないのか、私の胸を揉みしだきながら、「愛子、気持ちいい」「愛子、すごい」と繰り返して。5分も経たないうちに、「ごめん」って言いながらイッてしまいました。

――愛子さんはイッてないですよね。

私、挿入ではイケないので…。でも、政明さんはここからがすごくて。イッたあともアソコは勃ちっぱなしで、すぐに「正常位しよう」って2回戦目に突入。今度は、政明さん主導で、アソコの摩擦をじっくり味わうようにスローテンポなピストンをしてくれました。そして、「愛子…」と私の名前を呼びながら、覆いかぶさるようにして首を舌の表面でねっとり舐めたり、キスをしたり。快感で体中が満たされていくのを感じましたね。政明さんは我慢できなくなってしまったのか、上半身を起こして激しく腰を振りだして。「愛子、好きだ…」と言いながら、また果ててしまいました。

政明さんは、申し訳なさそうな顔をしていましたね。でも、2回戦も続けてセックスできる男性は珍しいし、何よりも今までで一番の快感だったから。「気持ち良かったよ」ってバードキスをして、ソファで飲み直しました。

普段のセックスとは違う、大胆で気持ち良いプレイで体を許したからか。心まで許せる関係に変わっていた愛子さんは、飲みながら過去のセックスについて政明さんと赤裸々に語り合った。

――どんな内容でしたか?

“私がイケなかったこと”を政明さんはすごく気にしていて。「セックスでイッたことがない」と正直に話をしました。そしたら、「俺が愛子をイカせてあげたい」「俺、頑張るから」って。熱意がすごかったから、普段ひとりエッチのとき、クリトリスを重点的に指先でこすってオーガズムに達していることを伝えました。恥ずかしかったけど。それと、過去、1日でセックスした最高回数についても話をしました。私が「3回」と答えると、政明さんは「今日、4回はセックスするから」「愛子の最高回数を俺が超えたい」って。「愛子の中でセックスに関して一番になる」と宣言。冗談半分に聞いていたけど、私に対して一生懸命になってくれたことが嬉しかったですね。

セックスの話をしていると、政明さんはだんだん興奮してきたみたいで。ギュッと私を抱きしめて、キス。徐々に唇をずらし、首を優しいキスで攻めてくれました。そして、心地よくなって表情が緩んだ私を見て、「愛子って本当に可愛いね」って言いながらまたギュッと抱きしめて。私の肩に顔をうずめて、「フー」と深いため息をついたんです。「あれ…」と思っていたら、「どうしよ…ちゃんと悦ばせたいのに、我慢できなくなってきちゃった」って。その素直な告白が愛おしくて、「政明さんの好きにしていいよ。私も挿れてほしいし」とベッドへと誘導しました。

そして、キスをしながら正常位で挿入。恋人つなぎで手を握って、政明さんは腰を振りながら、「愛子…愛子…」って。何度も何度も名前を呼び続けてくれました。その度に、幸せな気持ちに包まれていく…。「この気持ちに応えたい」そう思った私は「政明さん…」と声に出しました。セックス中に名前を呼び合うと、お互いを大切に求め合っているような気分になって、愛情が生まれてくるうえに、興奮度が増していくんですよね。政明さんは徐々に腰の振りが速くなって、表情が険しく…。オーガズムを堪えているようでした。そのよがっている姿を見ていたら、私の体はさらに熱くなって、アソコがキューッと引き締まるのを感じました。次の瞬間、「ごめん、イッちゃう…」と言いながら、政明さんは3度目のフィニッシュ。汗でぐっしょりになった政明さんは、ゴロンとベッドに横たわって、腕枕をしてくれました。

私は、心地よい疲れで眠りそうになりながら、お尻の下のシーツがびしょびしょに濡れていることに気がついて。オーガズムに達することはできなかったけど、名前を呼び合って幸福感でいっぱいだったし、体はすごく気持ち良かったんだなって嬉しくなりました。

――そのあとは眠ってしまった?

確か、飲み直したのが1時過ぎぐらいで。少し寝たと思うけど、5時には目が覚めてしまいました。政明さんはまだ寝ていたから、シャワーを浴びてまったりしていたら、政明さんも目を覚まして。「4回目をしたい。すぐシャワー浴びるから、待ってて」と言われたんです。酔っ払っていたのに発言を覚えていてくれたこと、私を大切に思ってくれていること、自分は十分満足なはずなのに私のために頑張ろうとしてくれていること、政明さんの気持ちに、とにかくキュンとしましたね。

シャワーから戻ってきた政明さんは、優しくキスをすると私をうつ伏せに寝かせて。首と背中に生温かいキスをたくさんしてくれました。私の体は、温度と粘度を感じる度にビクンと反応して。アソコは、政明さんを求めて疼いているようでした。しばらくすると、たまらなくなったのを察知したのか、私の体を反転させて、首にキスをしながらクリトリスを指先でこすってくれて。十分に濡れたら、正常位で挿入して、ゆっくりゆっくり、ピンポイントでGスポットを攻めてくれました。そして、また名前を呼びながら、指先でクリトリスを何度も刺激してくれて。そのうち、ひとりエッチで感じるエクスタシーよりも、もっと激しいエクスタシーの波が押し寄せてきて…ついに、初めてセックスで絶頂を迎えることができたんです。

政明さんには、「こんなに気持ちを込めてしたのは初めて」って言われましたね。私は、へたりながら、今まで感じることができなかった心と体の満足感で、幸せに包まれていました。

※『anan』2018年8月15・22日号より。イラスト・平泉春奈 取材、文・多部千春

#恋愛の記事をもっと読む!
#トレンドについてチェック!
7割が栄養不足!? anan世代におすすめのパワーサラダ