アンアンからニュースを配信します!

三浦春馬が「共演できたのは感慨深かった」と語る子役出身の俳優とは?

2018.7.16
初めて『銀魂』ワールドに入り、新キャラを演じた三浦春馬さん。『銀魂2』から新たに登場した、真選組の伊東鴨太郎を演じる。大ヒットした映画のパート2から参加することに対して、プレッシャーはあったのだろうか。映画への思いを伺いました。
三浦春馬

「なかったです、全然(笑)。もちろん、福田組(福田雄一監督)は初めてですから緊張感はありましたけれど、でも長らく福田監督から“一緒に仕事がしたい”とお声がけをいただいていたので、やっと参加できるという喜びのほうが大きかったです。しかも、真ん中にいるのは小栗旬さん。僕は小栗さんと一緒だったらいつどんな作品でも参加したいと思っているので、そこも嬉しかった。そして、いただいた鴨太郎という役柄も、すごく魅力的でやりがいのあるキャラクターで。今まで、彼のようなヒールはあまりやったことがなかったので、いろんな意味で、モチベーション高く、現場に臨むことができました」

福田組の現場の清々しさは、まるで部活のようだった?!

そんな期待高まる状態で入った福田組は、予想を上回る楽しさだったそう。

「なんか、部活に通ってるみたいな現場でした。清々しくて、毎日気持ちよく終わって、美味しくごはんが食べられる感じ。福田さんは、演出方法はもちろん、ちょっと気がついたことなども、すべてきちんと提示してくれる。全部が直球勝負なんですね。だからなにか悩んだとしても、それをちゃんと現場で解決できる。題材がコメディということもあるとは思いますが、コメディ要素が一切ない役を演じている僕でさえ、考え込んだり、悶々とすることがまったくなかった。本当に明るい現場で、楽しかったです」

撮影時、印象に残っているエピソードを聞くと、「いっぱいあるんだけどなぁ…」と考え込みながら、共演者の話をしてくれた。

「柳楽(優弥)くんと共演できたのは、感慨深かった。同じ子役出身で、僕が高校の後輩なんです。お互いにまったく違う個性を持つ役者だと思われながら、二人とも芸歴が20年近くになって、今の共演。殺陣練習の初日にお手合わせしたとき、僕らは驚くほど息が合って、間合いや距離感をすり合わせる時間がまったく必要なかった。本当に気持ちいい時間でした。同じ作品に出られたこと、心から感謝してます。あとは、(中村)勘九郎さんと一対一で演技ができたことも印象的でした。それこそ、息遣いが聞こえるような距離感で、きっと人間国宝になるであろう人の芝居をまじまじと観せてもらうって、最大のエンターテインメントですよね。普段めったに見られない、値段のつけられないような陶器を見ているような、そんなありがたみがありました。ネタバレになるから詳しくは言えないですが、クライマックスに向かってのシーンの撮影は、本当に最高で、忘れられない時間です」

今回は、シリアスな役どころだった三浦さん。みんなが楽しくコメディを演じているのは、羨ましくなかった?

「コメディは好きですが…。この映画は万事屋3トップをはじめ、芸達者な人ばっかりじゃないですか。そこで僕がどんなに笑いの要素を出したって敵わない(笑)。でも、コメディ自体は大好きなので、違う福田作品でお願いできると嬉しいです(苦笑)」

みうら・はるま 俳優。1990年生まれ。公開待機作に、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8/31)、『アイネクライネナハトムジーク』『こんな夜更けにバナナかよ』が。

シャツ¥30,000 パンツ¥27,000(共にアクネ ストゥディオズ/アクネ ストゥディオズ アオヤマTEL:03・6418・9923) シューズ¥69,000(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパンTEL:03・3403・5564) その他はスタイリスト私物

『銀魂2 掟は破るためにこそある』 ’17年、邦画実写映画No.1の人気を誇った作品の第2弾。もちろん監督は1作目に引き続き福田雄一氏。原作マンガの、“真選組動乱篇”と“将軍接待篇”をミックスしたストーリー。8月17日より全国ロードショー。

※『anan』2018年7月18日号より。写真・酒井貴生(aosora) スタイリスト・澤田石和寛(SEPT) ヘア&メイク・佐鳥麻子

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#映画記事も覗いてみる!
美スッピン肌への第一歩!美容ライターがこぞってトライする検定って?