アンアンからニュースを配信します!

水川あさみ 美しさの秘訣は“体幹トレーニング”にあり?

2018.6.9
年を重ねるごとに大人の色香を纏う水川あさみさん。心地よくいられる、カラダとの付き合い方とは?
水川あさみ

カメラの前に立つと、まるでコンテンポラリーダンサーのように自由にカラダを動かしてくれた水川あさみさん。7月に35歳を迎える今でも、20代の頃と変わらないスリムなボディライン。それどころか、しなやかな筋肉が浮かぶフォルムには大人の色気が漂い、その魅力は増していくよう。

「小さい頃はバレエを習っていたんです。もともとカラダを動かすことが好きで、20代の頃もピラティスをやったり、ヨガをやったり。でもいまいちしっくりこないというか、効果が実感できなくて」

そんな試行錯誤の末に辿り着いたのが、姿勢をまっすぐに保つ筋肉を鍛える体幹トレーニング。

「その頃の私は、筋肉と脂肪のバランスが悪くて、見た目は太っていなくても隠れ肥満状態だったんです。だからカラダも疲れやすかった。でも5年前に体幹トレーニングに出合ってからは、筋肉量が増えて脂肪が減り、自然とカラダが楽になりました。あと、太ったり痩せたりしても、自分のベストに戻すまでに時間がかからなくなったんですよ。せっかちで面倒くさがりの私でも、効果が実感できるからもう5年も続けています」

まもなくスタートする『連続ドラマW ダブル・ファンタジー』では、“自分にとって挑戦だった”と語るほど、大胆な官能シーンを演じている水川さん。その撮影に向け、食事制限も行ったそう。

「といっても、撮影の1週間前から、夜は鶏肉と野菜だけにしたり、お米を抜いたりする程度で。基本的に私、食べることが大好きなんですよ。甘いものもラーメンもお肉もお米も好き。食べたいものは食べたい。それで変化が出てきたらジュースクレンズをすることもあるけど、やっぱり咀嚼したくなる(笑)。ストイックにできないからこそ、ニュートラルな状態を保つカラダ作りをしているんです」

ドラマの中で目を奪われるのは、程よく背筋が浮き出た美しい背中。

「背筋をきちんと使えていれば姿勢がきれいになるので、トレーニングでも重点的に鍛えています。後ろ姿は普段なかなか見えない部分だから、意識して鏡でチェックするようにしたり、背骨の部分が凹んでいれば、その左右の背筋がちゃんと鍛えられている証拠なので、日頃からその溝を手で触って確認するようにしたり。乾燥しないようにお風呂上がりにボディクリームも塗っています。あ、あと、ボディタオルをナイロンから絹の生地のものに変えたら、ニキビもできにくくなったんですよ」

みずかわ・あさみ 1983年7月24日生まれ、大阪府出身。女優。主演する『連続ドラマW ダブル・ファンタジー』(WOWOWプライム毎週土曜22:00~)は6/16スタート。

キャミソールワンピース¥12,000(パラファクター/スタニングルアー 青山店 TEL:03・6418・4783)

※『anan』2018年6月13日号より。写真・HAL KUZUYA スタイリスト・岡部美穂 ヘア&メイク・岡野瑞恵 インタビュー、文・菅野綾子

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#運動についてもっと知りたい!
貧乏女子必見!お金がなくても楽しめる海外旅行のススメ