アンアンからニュースを配信します!

英語で道を聞かれたら? 鈴木亮平が便利なフレーズを解説!

2018.4.21
近年増加中の外国人観光客。日本語や日本の習慣がわからずに困っている人を見かけたら、助けたい。そんな親切心を行動に移すのに便利なフレーズを今回書籍化されたananの人気連載「鈴木亮平の中学英語で世界一周! feat.スティーブ・ソレイシィ」のなかから厳選!

困っている人を見かけたら…

英語

Do you need some help?/何かお困りですか?
Hi. Are you OK?/あの、大丈夫ですか?

鈴木亮平:僕は困っている外国人観光客を見たら声をかけることにしています。

スティーブ・ソレイシィ:それは外国人だからというより、困っている人を助ける心だね。

鈴木:まず言いやすいひとことは“Hi.”かな。そして“Are you OK?”(大丈夫ですか?)と聞きます。普通は具合の悪そうな人に使う表現だけど、こういうときに使ってもいいと思う。

ソレイシィ:その後に“Do you need some help?”(何かお困りですか?)と聞けばいい。

鈴木:あとは、相手が英語を話せるとは限らない。そのときに便利なのが“OK”という言葉。世界でもっとも使用頻度が高い単語で、誰でもわかる。そういう言葉を交ぜたほうがいいと思ってるんです。“help”もそう。

ソレイシィ:それはいい視点!

鈴木:あとは、はっきりわかりやすく発音することも大事。

ソレイシィ:そう、この場合はネイティブっぽさよりも、誰もがわかるシンプルな英語のほうが機能するんです。

おすすめ料理を聞かれたら…

英語

I would order this./私ならこれを頼みますね
This place is famous for~./ここは~が有名なんです

鈴木:外国人観光客にメニューの説明をしていると、おすすめメニューを聞かれることも結構あるんですよね。

ソレイシィ:メニューを端から全部説明するより、そのほうが手っ取り早いよね。

鈴木:普通は“I recommend ◎△×.”(◎△×がおすすめ)かもしれませんが、僕はそれよりも、“I would order this.”(僕ならこれを頼みますね)って言っちゃう。

ソレイシィ:それ、あたたかみがあっていいと思う。“would”を入れると“自分だったら”という仮定のニュアンスが出る。“order”の発音は「オーダー」じゃなく「オダ」でOK。カタカナ表記から音の数を引き算する感じでね。

鈴木:なるほど。

ソレイシィ:名物料理があるなら“This place is famous for ◎△×.”(ここは◎△×が有名なんですよ)も使える。

鈴木:“famous for”は学校で習う代表的なフレーズですよね。これ、外国人ツーリストに日本を説明するときにはすごく使えます。

道を聞かれたときにまず伝えたいことは…

英語

Just follow the signs./標識をたどって行ってみて
It’s that way./あっちの方向です

ソレイシィ:人に道を説明する場合、重要なのは説明しすぎないこと。「まっすぐ行って3つ目の信号を左に曲がって…」とか長々と言うよりも、“It’s that way.”(あっちの方向です)と言って指さすぐらいのほうがわかりやすいと思います。

鈴木:同感です。日本人の律儀さが裏目に出ることありますよね、こういうときって。迷っている人が知りたいのは、まずは“どっち方向か”なので、“It’s that way.”で十分。それを言わずに説明を始めちゃうと、反対方向に歩き出しかねない。あと、地下鉄の駅の乗り換えで迷ってる人がいたら、“Just follow the signs.”(標識をたどって行ってみて)と言うこともあります。丸ノ内線だったら“Look for that red circle.”(あの赤い丸印を探して)、銀座線だったら“orange circle”。

ソレイシィ:それもわかりやすくていいね。1回ですべて説明するのはそもそも不可能だから、もっとシンプルに考えたほうがいいと思います。

Ryohei Suzuki 1983年生まれ。兵庫県出身。東京外国語大学卒。2006年、俳優デビュー。’14年、連続テレビ小説『花子とアン』で注目を集める。現在、NHK大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛役を熱演中。映画『羊と鋼の森』が6月8日公開。

Steve Soresi 英会話コーチ、「ソレイシィ研究所」代表。アメリカ出身。NHKラジオ第2『英会話タイムトライアル』メイン講師。『英会話なるほどフレーズ100』(アルク)、『難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!』(文響社)など著書多数。

『こんなに簡単! 鈴木亮平の中学英語で世界一周! feat.スティーブ・ソレイシィ』鈴木亮平さんによる初の英語書籍。鈴木さんが実体験を通して身につけた実践的な英語フレーズが満載。スティーブ・ソレイシィさんとの掛け合いが楽しい対談では、言葉の持つ細かなニュアンスや使い方も学べます。

※『anan』2018年4月25日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・八木啓紀 ヘア&メイク・宮田靖士(THYMON Inc.) イラスト・長場 雄 文・東海林美佳

(by anan編集部)

#旅行記事をさらに読む。
#英語をもっと覗いてみる!
長時間のデートでも快適&ふんわりスカートを実現! airCloset×旭化成のオリジナルペチコートが優秀すぎる