アンアンからニュースを配信します!

安田顕も共感 失職のピンチに西原理恵子「プライドなんて捨てちゃって!」

2018.3.1
仕事は、生活の糧であり、生き甲斐にもなり得る人生で重要な存在。もしもそれがなくなったら…? いざという時の心得を漫画家・西原理恵子さんと俳優・安田顕さんが考えます。
仕事の窮地

経済が不安定な今の時代。契約や派遣といった雇用形態の人も多く、もちろん正社員でも、いつ仕事がなくなってもおかしくない状況。失業した…! そんな窮地に陥ったら?

西原:私もずっと契約とか派遣みたいなものですからね~。

安田:役者も同じです(笑)。

西原:もちろん失業しちゃったら大変だと思いますよ。でも、仕事は選ばなければいくらでもあるんです!

安田:確かに。

西原:私が最初に始めたのは、エロ本のカット描きですからね。大切なのは、身の程知らずの夢を叶えることじゃなくて、自分ができることや、やりたいことで、どう稼ぐかということ。

安田:選り好みをしている場合じゃない、と?

西原:そう、そう。失業したっていう時の例えとしてはアレですけど、もしその人がミュージシャンになりたかったとしたら、じゃあ、あなたの音楽は「どうしたらお金に換えられるの!?」って。バンドマンでもいいし、居酒屋で演奏する人でもいい。時給800円もらえるところで探せば、ミュージシャンになれますよ! 紅白に出るとか、アリーナを埋めるとか、そういうことじゃなくて、明日が期限のガス代3000円を稼ぐことのほうが大事じゃん。だって、止められちゃうんだから。1日3000円とか稼げたら、もうプロなので、それを探すことがまず必要だと思いますね。

安田:なるほど。そう考えておけば、失業した時も、自分のやれることから次の仕事を探していけそうですね。

西原:上を見てもキリがないし。ダメならダメで次に行けばいいんです。「ここならイケる!」って道が、必ずあるから。プライドなんて、さっさと捨てちゃって!

仕事の窮地
安田 顕さん 俳優。1973年12月8日生まれ、北海道室蘭市出身。

西原理恵子さん 漫画家。1964年11月1日生まれ、高知県高知市出身。

※『anan』2018年3月7日号より。写真・芹澤信次 イラスト・西原理恵子 スタイリスト・村留利弘(安田さん) ヘア&メイク・西岡達也(安田さん) 高松由佳(西原さん) 取材、文・保手濱奈美

(by anan編集部)

#悩みについてさらに読んでみる。
#仕事記事をもっと読む。
男子幻滅…! 乳酸菌コスメで「乾燥かぴかぴ肌」を「もちぷる肌」に