アンアンからニュースを配信します!

三谷幸喜「自由にやっちゃって」と大絶賛 ずん・飯尾和樹の魅力とは

2018.3.6
三谷幸喜さんの新作舞台PARCO Production『江戸は燃えているか』は、勝海舟と西郷隆盛を軸に江戸城無血開城を描いた幕末群像喜劇。中村獅童さん、松岡昌宏さん、田中圭さんら豪華俳優陣が揃うなか、とりわけ気になるキャストがひとり…。
舞台

最高の喜劇のために、神様が巡り会わせた最後のピース!?

三谷:じつは、ストーリーを作る前に、構想を元にキャスティングを進めていたんです。ただ、いまの座組みでほぼ決定という時になっても、単なる感覚的なものですが、何かが足りていない気がしていて…。そんな時に『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』という番組で飯尾さんとご一緒させていただいて、最後のピースは飯尾さんだったんだ、とものすごく腑に落ちたんです。

飯尾:僕は藤井隆君と仲が良くて、彼が出た三谷さんの舞台も拝見していたんです。だから嬉しい半面、自分で大丈夫かなという気持ちもあって、真っ先に藤井君に相談しました。

三谷:ご一緒する前から、飯尾さんの“メガネ残し”のギャグは使わせていただいていて、すばらしい発明だと思っていたんです。番組では、僕らのシーンには台本が一切なかったんですが、僕がひと言発すると、それを何倍にもして返してくださって…。

飯尾:いや、三谷さんが素っ頓狂なことばかりおっしゃるから…。

三谷:“春日部”とかですか?

飯尾:そう(笑)。そういう絶妙な地名を出すんですもん。

三谷:僕は、前もってセリフを考えておいたんですけど、その場であんなに面白くリアクションを返せるかといったらできませんよ。このオフビートな雰囲気は普通の時代劇には出てこない感じなので、今回、そこをより強調したいと思っているんですよね。2幕なんてもう飯尾さんショーになってます。実際、稽古初日に初めて読み合わせをしたんですが、これが面白くてですねぇ…。

飯尾:それは、途中で三谷さんの演出が入ったからです。いつもの自分の感じでセリフを読んでいたら、登場は、“18時5分頃の北大路欣也さん”でやってくれと言われて。

三谷:最初は北大路欣也さん風なんだけど徐々にメッキが剥がれていく、そのグラデーションを表現してほしいってお願いしたんですよね。

飯尾:普段僕は3分とか5分のネタをやってるので考えたことがなかったんですけど、確かに長い1本のお芝居になった時、そっちのほうが断然面白いんですよね。

三谷:そうしたら飯尾さん、声まで低くなってましたよね。モノマネしろとは言ってないのに(笑)。

飯尾:でも、具体的に説明してくださってすごくわかりやすかったです。その日、何だか稽古が終わっても興奮が収まらなくて、ひと駅ぶん歩いて帰っちゃったくらいです。

三谷:今回のキャスティングは、これまで舞台ではほぼご一緒したことのない方々ばかりなんです。いつもの方々とやると、読み合わせの段階で、僕が思い描くものに近い形になるんですが、あの日の読み合わせは、僕が想像していたものとは、ほぼかけ離れてました(笑)。でもそれが新鮮だったんです。もちろんそこから僕のほうに近づける部分もあるけど、僕が役者さんからいただく部分もあると思ってて。

飯尾:確かに皆さん上手な方ですけど、何よりやっぱり台本が面白いですよね。あれだけの方が出ていて、僕だけじゃなく、どの役にも均等にカレーのルーがかかってるというか、全員に見せ場があるんですよ。

三谷:…そういう面白フレーズは、ストックされているんですか。

飯尾:ストックは…してないです。

三谷:そもそもこの作品は、伊東四朗さんとの話の最中に思いついたんです。伊東さんが出演していた『コメディー お江戸でござる』という番組をもし自分が書かせてもらうなら、という仮定の中で出てきたもので。だから構想20年なんです。

飯尾:20年ですか…ワインだったら相当ですよね。

三谷:だから、そういうフレーズ、ですよ(笑)。

飯尾:逆に、もしこの台本が落ちていたら、僕が拾って自分たちのネタにしたいくらいです。だって、畳み掛けるように笑いが入ってくるんですもん。僕もコントの台本を書いたりしますけど、7~8ページ程度のものですからね。三谷さんの台本は、前のほうにいくつも張られた伏線が、何十ページも後になって回収されたりしていて、すごいなぁって。

三谷:ここ最近、年齢的なこともあって、笑いだけに特化したお芝居というのをあまりやっていなかったんですよね。ちょっと原点に返って久々にやってみたいと思っています。そう思うと、やっぱりあの時、僕が飯尾さんに辿り着くまで、神様が待っていてくれたような気がします。

飯尾:神様なんて…(困惑)。

三谷:もう、飯尾さんは台本通りやらなくていいですから。自由に自分の言葉でやっちゃってください。

舞台
新政府軍が江戸へ進撃を開始する中、幕府軍の勝(中村獅童)と新政府軍の西郷の会談が決まった。喧嘩っ早い勝を案じた勝家の面々は、西郷をニセの勝と会わせることを思いつく。3月3日(土)~26日(月) 東銀座・新橋演舞場 作・演出/三谷幸喜 出演/中村獅童、松岡昌宏、松岡茉優、高田聖子、八木亜希子、飯尾和樹、磯山さやか、妃海風、中村蝶紫、吉田ボイス、藤本隆宏、田中圭 一等席1万3000円~3階B席3000円ほか*すべて税込み パルコステージTEL:03・3477・5858  http://www.parco-play.com/web/
みたに・こうき 学生時代に結成した劇団・東京サンシャインボーイズで注目を集める。近年は映画監督としても活躍。4~5月には舞台『酒と涙とジキルとハイド』の再演も控えている。

いいお・かずき お笑いコンビ・ずんとして活動する傍ら、独自のギャグでバラエティ番組などで活躍。現在放送中のドラマ『アンナチュラル』では、臨床検査技師を演じている。

※『anan』2018年3月7日号より。写真・中島慶子 ヘア&メイク・立身 恵(三谷さん)取材、文・望月リサ

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#舞台をさらに覗いてみる!
男子幻滅…! 乳酸菌コスメで「乾燥かぴかぴ肌」を「もちぷる肌」に