下心はないんだけど… 「付き合う前」にイチャイチャしようとする男性の本音4選

文・山田周平 — 2020.11.29
まだ付き合っていないのに関係を進めてしまうのは、女性にとって危険な場合もあります。だからこそ、男性がどんな心境でいるのか知っておいたほうがいいでしょう。今回は、「付き合う前」にイチャイチャしようとする男性心理を紹介します。

「好意」が抑えきれない

「片思い中の女性と飲みに行って、お互いに結構酔っ払って、そのままイチャついたことがあります。ずっと好きだったので、思いが溢れ出た感じでしたね」(20代・男性・営業)

好きな女性に対して、男性が「触れ合いたい」という思いを抱くのは当然のこと。そして、「好き」という気持ちが大きくなればなるほど、欲望も比例して大きくなっていくはずです。

そんな状態でチャンスが到来したら、たとえまだ付き合っていなくても、欲望が抑えきれなくなってしまうのでしょう。

「イケそう」な感じがした

「イケるかもと感じたら、そこは引かずにいってしまいますよね。付き合うかどうかとかは、あまり深く考えずしてしまうこともあるかも…」(30代・男性・イベント制作)

「なんだかできそうだな」「俺に気があるのかも」などと感じたら、頑張って押してみようと思う男性は少なくないでしょう。だからこそ、女性側としては、あまり暴走しすぎずに冷静な部分を持っておくことが大事。

男性があなたのことをちゃんと思ってくれているのか、きちんと見極めるようにしましょう。

もう「付き合っているつもり」

「ちゃんと告白をしていなくても、もう付き合っているものだと思うことはあります。お互いに気持ちがあることははっきりとわかっているので……」(30代・男性・IT)

ふたりで一緒にいるのが当たり前になったり、お互いの思いが伝わっていると感じたら、「もう付き合っている」と考える男性もいます。

あえて告白をしなくても、男性の中ではすでに“彼女”という認識なので、そのまま関係を持とうとする流れにもなるかも。

そうなる前に、一度ふたりの認識をすり合わせてから、関係を進展させるようにしたほうがよさそうです。

ただ「したい」だけ

「正直、若い頃は下心丸出しで女性にアプローチしたこともありましたね。あのときは、本当にイチャイチャすることしか考えていなかったかも……」(30代・男性・自営業)

ただ「イチャイチャしたい」という欲求だけで、女性に近づく男性もいます。そういった男性は、付き合うかどうかなどはそもそも頭にないので、付き合う前でも平然と手を出そうとしてくるはず。

まだそこまで関係を築いていないのに勢いだけで迫ってくるような男性は、かなり危険。深入りしてはいけませんよ。

きちんとお互いの気持ちが通じ合っているのなら問題はないですが、勢いに任せてしまうのは、やはり避けたほうがいいでしょう。

都合のいい相手にされないように、その点だけは注意してくださいね。

©Yagi-Studio/gettyimages
©Photographer is my life./gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。