今日はココまで… 男がキュンとした「思いがけないキス」体験4つ

文・塚田牧夫 — 2020.6.13
キスは、お互いの同意のもとにおこなうのが基本です。でも、「間接キス」は不慮の事故として起こる場合も。そして、一方は気付いているのに、もう一方はまったく気付いていないという状況もあり得ます。今回はそんな、交際前の間接キスについて、男性がキュンとした甘酸っぱいエピソードをご紹介します。

同じマスクを

「結婚式の2次会に参加したとき。参加者で即席の男女のペアが作られ、クイズ大会が始まりました。僕はそこで初めて会った女性とペアに。しかも、意外と勝ち続け、決勝まで進んでしまいました。

決勝戦は、どちらかが間違えると、×印の書かれたマスクを付けるんですね。すると、ある問題で、ペアになった女の子が間違えてマスクを付けたんです。でもそれ、さっきまで俺が付けていたやつで。自分のだと勘違いしたみたいで……。

完全に間接キスなんですよ。今の状況ではマスクを間違えるなんて絶対に許されないと思いますが、その後はクイズにまったく集中できなくなったことだけ覚えてます」ユウキ(仮名)/31歳

キスを止められて

「彼女とまだ付き合う前のデートのとき。今日キスをしよう……と決めて臨んでいました。そしてデート終盤、そのチャンスが……。

ベンチに横並びで座り、タイミングを見計らって顔を寄せたんです。しかし、ギリギリのところで止められてしまいました。“まだ付き合っていないから”って。

でも、自分の指を唇に当て、それを俺の唇にチョンとつけたんです。“今日はここまで”と言って。あれはキュンとしましたね」トシキ(仮名)/27歳

ペットを介して

「女の子の家に遊びに行ったときです。その子はミニチュアダックスを飼っていました。すごく人懐っこい犬だったんですね。

女の子に抱かれていて、口をペロペロ舐めていました。すると、今度は俺のほうに寄ってきて、口をペロペロされて……。

犬を介してはいるものの、間接キスになるのでは? どうなんだろう……といろいろ考えてドキドキしました」カンジ(仮名)/25歳

運動会の競技中に

「小学6年生のとき。僕はかなり田舎の学校に通っていました。あるとき運動会があって、障害物競走に出ました。

競技のなかに、粉のなかにまみれたアメを口だけで探し出すというものがあったんです。浅い箱のなかに片栗粉が入っていて、そこにアメが紛れている感じです。その競技は男女混合で、みんなが同じ箱に顔を埋めて口を突っ込むわけです。

小学生ながら、これは間接キスというやつなのでは……と密かに思いながらも、誰にも言えなかったのをよく覚えています」ヨウタ(仮名)/27歳

“男がキュンとした交際前の間接キス体験”をご紹介しました。

こっちはなんとも思っていなくても、相手を内心キュンとさせる間接キスもあります。このパターンを巧みに操ることができたのなら、男心をグッと引き寄せることができるかもしれませんね。

©Simon Winnall/gettyimages
©Luis Alvarez/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。