3人で…!? 男女が興奮した「刺激的なキス」体験4つ

文・塚田牧夫 — 2020.5.25
キスは、2人きりでいい雰囲気のときにするのが一般的ですが、たまに変わったシチュエーションでキスとなる場合もありますよね。それが普段はない興奮をもたらすことも……。今回はそんな、“妙に興奮した刺激的なキス”についての体験談を、男女に聞いてみました。

1:「唇の傷を舐めて」

shutterstock_454669831

「冬の乾燥した日。彼女とのデート中に、笑った瞬間に唇を切ってしまったんです。触ると血も出ていました。

リップクリームを持っていなかったので舌で舐めていたら、彼女が“私のを分けてあげる”とキスをしてきました。

彼女の唇についたクリームが僕の唇に……。離れる瞬間、舌で傷口をペロッと舐められたとき、ゾクッとしました」ミツル(仮名)/28歳

2:「3人同時に」

「彼とは、よく通っていた飲み屋さんで知り合い、付き合うことになりました。そのことを店長さんに報告したときです。

店長というのが、年上の女性なんですね。すると、“私も狙ってたのに~”と悔しがっているんです。そこでさらに、“3人でキスしよう”と言ってきて……。

“私のおかげで付き合えたんだから”と言われたらその通り。提案を受け入れざるを得ず、3人で向かい合い、同時に唇を寄せてキスをしました。

嫉妬のせいか、軽い興奮をおぼえました」サナ(仮名)/31歳

3:「勝者へのキス」

shutterstock_150675272

「男3人、女子1人でカラオケに行ったときです。僕はその女の子のことを気に入っていました。

盛り上がってきたところで、点数で勝負しようという流れになりました。しかも、最高得点者には、女の子とキスができると……。これはもう負けるわけにはいきません。

みんな遊びかと思いきや、結構本気で、得意な曲を披露。僕は順番が最後で、十八番としている曲を歌い上げました。なんとかそこまでの最高得点を1点上回り勝利! 見事キスを頂きました」ユウキ(仮名)/26歳

4:「身を守るために」

「会社の飲み会の帰り、駅に着いたところで酔っ払いの男性に声をかけられました。無視して通り過ぎたら、“お姉ちゃん待ってよ”と追い駆けてくるんです。

速足で歩いても追い駆けてくるので、怖くなりました。すると、そこに彼の姿が。私の帰りが遅かったので、駅に迎えに来てくれようとしてくれていたんです。

私は彼に抱きつき、キスをしました。酔っ払いは、“なんだよ”と捨て台詞を吐いて去っていきました。あれはドキドキしました」チヒロ(仮名)/26歳

“男女が妙に興奮した刺激的なキス体験”をご紹介しました。

方法やシチュエーションが普段と変わることで、また違った刺激がもたらされます。ロマンチックな雰囲気でのキスもいいですが、たまにはドラマチックなキスもいいもの。飽きさせないキスを心がけたいですね。

©Kiselev Andrey Valerevich / Shutterstock
©kiuikson / Shutterstock