「上手すぎるんだけど…」 女性が心を奪われた「年下男性の凄腕キス」3つ

文・和 — 2021.1.5
みなさんは年下男性にどのようなイメージを持っていますか? 中には、「子どもっぽいかも」「自分より経験が浅そう」と思う人もいるかもしれません。だからこそ、彼らのキスが想像以上に上手いと見る目が変わることもあるでしょう。今回は女性たちに聞いた「年下男性の凄腕キス」をご紹介します。

1、がっつかずにそっとキス

「年下の彼にはガツガツ来る印象があったんですが、彼はそっと包み込むようなキスをしてきたので驚きました。

その彼は普段はお笑い担当の後輩なので、そのギャップに余計にドキドキしました」(28歳/営業事務)

無理にキステクニックをアピールするのではなく、1回1回のキスを大切にする男性には好感が持てますよね。

「意外と大人なキスをするんだな」と惹き込まれる女性も少なくないようです。

2、「物足りなかった?」

「大学の後輩から『仕事の相談がある』と言われ、個室がある飲食店で会うことに。一通り話が終わったあとに、突然彼が『ってか、先輩かわいくなりましたね』と言いはじめたんです。

そこで『何? からかわないでよ』と反論しようとしたら、最後まで言い終わる前にキスをされました。ビックリして固まっていたら『あれ? 物足りなかったですか?』とさらにディープキス……。

『こりゃ相当遊んでるな』と思うのと同時に、あまりのキスの上手さにとろけそうになりました」(29歳/住宅)

男性からリードしてくれるほうが嬉しいという女性も少なくないはず。

また、この年下男性の少し生意気な感じが、新鮮で刺激的に感じられたのでしょう。

3、手つきが手慣れている

「ただの後輩としか見ていなかった職場の男性と、帰り道にお酒の勢いでキスしたんです。

すると彼は、キスのときに顎をクイッと持ち上げてきたり、私の髪を撫でたり、よろめく私を支えたりしてくれて……。あまりに後輩の手つきが手慣れていたので、思わずキュンキュンしました」(31歳/広告)

キスの最中は棒立ちになりがちかもしれませんが、手つきが細やかだと途端に色気が増すもの。

もしかしたらキステクニック以上に、女心を刺激するのかもしれません。

4、目を開けたまま…

「ずっと友達以上恋人未満だった年下男性とキスをしたとき。途中で少し余裕が出てきたので目を開けてみたところ、彼が伏し目がちに私を見ていました。

しかも体勢的に私を見下ろす形なので、その目が若干冷たそうに見えるんですが、それがたまらなくって……。

彼の作戦なのかはわかりませんが、あの顔にやられました」(32歳/経理)

思いっきり目を見開いていると怖く感じられそうですが、彼のこちらをうっすらと見つめる瞳にはセクシーさを感じる女性も多いのでは?

何を考えているのかいまいちわからない表情が、トキメキを加速させるのかもしれません。

以上、「年下男性の凄腕キス」をご紹介しました。

女性はキス自体のテクニックというより、ムードやシチュエーションを重視する傾向にあります。

年下の男性に女心を掴まれるようなキスをされると、途端に彼のことが気になりだし、彼と会うたびに期待してしまう女性も少なくないようです。

©PhotoAlto/Frederic Cirou/gettyimages
©Bogdan Kurylo/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。