恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

競泳・池江璃花子「この姿を誇りに思う」SK-IIとのタッグで明かしたありのままの自分

文・五十嵐大 PR・SK-Ⅱ — 2020.6.18〔PR〕
5月18日、ある一枚の写真が話題になりました。それはスキンケアブランドSK-Ⅱとのコラボレーションによって撮影された競泳の池江璃花子選手の写真。2019年2月に白血病であることを公表し、以来、闘病を続けてきた池江選手が、カメラの前で初めてウィッグを外してみせたのです。その根底にあるのは、「ありのままの自分を見せたかった」という強いメッセージ。anan読者とも同世代である池江選手は、いま何を思うのか。彼女の強さに迫ります。

白血病と闘い続ける、池江璃花子選手の現在

小学生のころから競泳選手として注目を集めていた池江璃花子さん。2018年にはアジア競技大会に出場し、6種目で優勝。日本人初となるアジア競技大会6冠を達成し、MVPも獲得しました。

そんな池江選手が白血病を患っていることを公表したのは、2019年2月のこと。その衝撃的なニュースはいまだに記憶に新しいはずです。その後、入院期間を経て、現在も回復を目指して闘病を続けているといいます。

今回、スキンケアブランドSK-Ⅱが池江選手とコラボレーションしたのは、「今を生きる女性を応援したい」というメッセージのもと。ときに人は、想像もしていなかった現実に直面し、未来を悲観してしまうことさえあります。それを「運命の悪戯だ」という人もいるでしょう。けれど、本当にそうなのでしょうか。運命とは、自分の手で切り拓けないものなのでしょうか。

SK-Ⅱが考える「運命」とは、「チャンスや偶然によるものではなく、選択によって決められるもの」。そのブランドメッセージは、まさに今、自分自身の選択で運命を変えようとしている池江選手と重なります。共通する信念を持った池江選手とSK-Ⅱは、このたびパートナーシップを締結。SK-Ⅱが池江選手をサポートしながら、彼女の新しい一面を全世界に向けて公開しました。

スクリーンショット 2020-06-03 10.26.09
KITE_Carousel Phase 01-02

そこには前述した写真の他、フォトダイアリーや池江選手の直筆メッセージに加え、SK-Ⅱの公式サイトでは、撮影風景の動画も。いずれも凛とした力強さに溢れた池江選手の姿があります。

anan総研メンバーはどう感じた?

池江選手の姿は、同世代のanan総研のメンバーにも多分に影響を与えたよう。今回のニュースを見たメンバーからは、次のような感想が寄せられました。

「最初に池江選手のインスタグラムを見たとき、その意思のある表情にドキッとさせられました。ご本人の芯の美しさがその写真には表れていたというか…。特に昨今の不安定な情勢のなか、自分らしさを見失ってしまいがちでしたが、池江選手の写真やメッセージから勇気をもらいました」(30歳・自営業)

「同じ女性として、髪の毛を失う辛さは痛いほどわかります。そして、その姿をオープンにするのに、どれほどの覚悟が必要だったか…。だからこそ、池江選手に敬意を覚えました。ありのままの姿で生きるのは、とても難しいことです。私自身、友人や家族、パートナーにすら、本当の自分を隠しているところがあります。嫌われたくない、笑われたくない、そう思うほどに息苦しくなるんです。でも、池江選手を見て、もっと自分自身を好きになってあげなきゃいけないと感じました。自分で自分のことを肯定し、ありのままで生きる。池江選手から、そんな大切なことを教わった気がします」(24歳・会社員)

このほかにもメッセージがたくさん寄せられていますが、どのメンバーも池江選手から勇気をもらったようです。現代社会を生きる女性ならば、誰もが多かれ少なかれ窮屈さを感じています。池江選手の行動は、そんな鬱屈とした空気に風穴を空けてくれるきっかけとなるでしょう。

MP499 – 981f7

「ありのままの自分」をさらけ出した、池江選手の胸の内とは

ここで池江選手本人のメッセージも公開します。今回のキャンペーンに対し、どんな想いで臨んでいるのか。池江選手の胸の内に迫ります。

――今回の発表は池江選手にとってどんな意味を持ちますか?

池江選手 この発表で、ありのままの本当の私、そして少しずつ前進していく姿をお見せしたいです。現在、世界中が不安で辛い日々を送っています。わたしのこのメッセージが、アスリートの仲間にとっても、また同じように苦難と戦っている誰かにとっても、小さな希望になればうれしいです。

――SK-Ⅱとコラボレーションした理由を教えてください。

池江選手 この瞬間を発表するベストな方法についていろいろ考えました。正直に自分自身を表現し、今感じていることを伝えたいという考えを理解し、大事にしてくれるブランドとパートナーになれて恵まれているなと思います。今のありのままの自分を見てもらいたいという私の気持ちを、SK-II は大事にしてくれました。私の心の準備ができた時に、私らしいやり方で、回復への道のり、少しずつ前進していく姿を、メッセージとして発信することをサポートしてもらい感謝しています。

――池江選手にとって、ありのままの自分とはどんなものですか?

池江選手 病気になって髪の毛が無くなったけど、髪が無いことは恥ずかしいことではないし、むしろ、今しかないこの瞬間も大切にしたかった。“ありのままの本当の自分”であることは、自然な自分自身を表現できるということです。自分らしくあることを誇りに思っているので、隠す必要もありません。


「本当の美」を手に入れるために心がけること

ありのままの自分でいることで、自分自身を表現できるとことと語る池江選手。そのメッセージに強く共感する女性は多いのではないでしょうか。

一方で、どうしても“ありのまま”でいられない状況もあります。たとえば、メイクやファッション。本当はラフでカジュアルなスタイルが好きなのに、過度に“女性らしくいなければいけない”“いつもきれいじゃないとダメ”と思い込んでいる人も少なくないはず。

けれど、そんな“思い込み”に対し、池江選手はひとつの答えをくれました。池江選手にとって、「美」とは「自分の中から湧き出る美しさが本当の美だと思います」とのこと。周囲の目ばかり気にして、あるいは同調圧力に負けて作り上げた美は「本当の美」ではないのかもしれません。

また、「自分らしさ」とは、「周りに流されず自分の意思をもって進むことだと信じています」と池江選手。自分の意思をもつ。それは決して簡単なことではありません。けれど、勇気を出して一歩踏み出した池江選手を見ていると、内側からふつふつと湧き上がるものがあるのではないでしょうか? SK-Ⅱではこれまでにも現代女性の背中を押してくれるキャンペーンを展開してきました。


そこにあるのは、すべての女性が自分の意思で立ち上がることの素晴らしさ。世間の目や古くからの慣習などにとらわれず、自分らしく生きる。その姿勢こそが、新しい時代を切り開く鍵になります。

自分の人生は、自分だけのもの。それを最高のものにできるかどうかは、誰でもない、自分自身の選択にかかっています。池江選手とともに立ち上がり、自分だけの人生を歩んでみませんか?


Information

SK-Ⅱ 競泳・池江璃花子選手 “ありのままの自分” を語る

競泳・池江璃花子選手の動画に大きな反響!