恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

全身に寒気が…女子がゾッとした「気持ち悪いキス体験」3連発

文・塚田牧夫 — 2018.7.18
好きな人とするキスは最高。一日中、チュッチュッとしていたいくらいでしょう。でも稀に、外的要因などが加わって、最悪の印象となってしまう場合もあります。そこで女性たちに、“しばらく頭から離れないキモいキス”について振り返ってもらいました。もしかしたら、クセになるものもあるかも?

朝イチの濃厚な香りとともに

「彼と付き合いはじめの頃、東北旅行したときです。彼が地酒を飲み過ぎて泥酔してしまいました。

早々にホテルに戻ったんですが、酔いが酷く、トイレでゲーゲー吐いていました。なんとか寝かしつけ、私はひとりくつろいでからベッドに入りました。

そして朝。彼はぐっすり寝たせいか早く目覚め、私を起こしてきました。“起きろー”と言ってキスしてきたんです。歯も磨いていないのに……。

前日の残留物のニオイがプ~ンと漂ってきました。思わず“くせえ!”と叫んでしまいました」ヒロナ(仮名)/27歳

耳の穴まで舐めてひと言

「以前、食事にもよく行って、順調に進んでいるいい感じの男性がいました。その人の家に初めて行ったときです。

キスをしたんですけどね。いつもよりも濃密で、このままエッチな雰囲気になるのかな……という感じでした。

すると彼が、私の耳を舐め始めたんです。それはまあいいでしょう。そこからさらに、耳の穴に舌を入れてきました。

ゾクッとしました。けど、たまにはそういうのもいいでしょう。でも次に、彼が私の耳元で“美味しい……”と囁いたんです。

全身に寒気が走りました。不気味でしかなかった。そこからまったく気持ちが入らなくなりました」マイ(仮名)/30歳

歯に挟まった食べカスが侵入

「付き合うか付き合わないか……ぐらいの関係の男性と食事に行ったときです。イタリアンのお店でした。食事中、向かいの席に座る彼が笑ったとき、歯に何か挟まっているのに気付きました。

緑色のもの……ほうれん草? 伝えようか迷ったんですが、そのうち自然に取れるだろうと思い、放っておきました。

店を出て、海沿いを歩き、ベンチに腰掛けたんですね。そこでしばらく話していたんですが、まだ食べカスが取れていない……。

だんだんと距離が近くなり、キスするような雰囲気になってきました。食べカスのことが頭にありましたが、そこはもう仕方ない。気にしないようにして、口づけを交わした……。

そのあと、彼の微笑んだ口元を見ると、カスが取れている。代わりに、私は口のなかに、何かシャキッとした歯ごたえを感じました。

どうしても無視できず、ティッシュに吐き出してしまいました。それが彼に対する、正直な気持ちだったんだと思います」マヒロ(仮名)/29歳

“しばらく頭から離れないキモいキス”をご紹介しました。

たとえ大好きな相手であったとしても、許せないようなキモいキスもあるようです。キスにルールはありませんが、清潔さを保つなど、最低限のエチケットは守りたいところですね。

#恋愛 記事、
#エッチな記事 もチェック……!?

男が「この女、ちょっと太ってるな…」と思う瞬間3選 – PR

(C) nd3000 / Shutterstock
(C) oneinchpunch / Shutterstock
(C) Anucha Naisuntorn / Shutterstock