【バレンタイン特集】人気ショコラティエが手がけるアートな一枚

2021.1.17
“木や森が織りなす自然美を表現する”をテーマとするチョコレートブランドDRYADES。手がけるのは斎藤拓野さん。

斎藤拓野

Food

自然界の美しさを表現するショコラティエ。

「チョコレートの原材料となるカカオの実は、自然の中で育まれる木の恵みです。木製雑貨ブランド『Hacoa』が手がけるショップということもあり、チョコレートを通して、木や森の中を散策するようなわくわくする気持ちを伝えたい」

ボンボンショコラや板チョコなど多種多様なコレクションがあるなかで、人気なのが、アーティスティックな感性が光る“風景のディスク”シリーズ。

「春夏秋冬で移り変わる自然の営みを一枚に。ナッツやドライフルーツを使い、見た目の美しさも大切にしています。森の情景をイメージしてもらえたら」

さまざまな個性を詰め込んだ“森のボンボン コレクション”も人気。

「大切にしているのは甘みと酸味のバランス感。季節によって風景が変わるように、お店に来ていただくたびに違う発見のあるショコラティエでありたいです」

人気の“風景のディスク”シリーズ。裏面には木工職人が樹皮をイメージしたというデザインと文字が。ドライパウダー状のストロベリーを練り込んだ「花々の絨毯」と6種のナッツを使った「くるみ拾い」(各¥410)など全6種。

37

「自然界にインスピレーションを受けたチョコレートを楽しんでいただきたいです」と斎藤さん。

Food

ルージュ(左)とバニラキャラメル(右)。

さいとう・たくや 1985年生まれ。東京・上野の『パティシエ イナムラショウゾウ』に勤務後、渡仏し『ピエール・エルメ』でパティシエとしての経験を積む。帰国後、現オーナーと出会い『DRYADES』をオープン。

DRYADES 春日本店のほか東急プラザ渋谷、新宿ミロード内にもショップが。●東京都文京区西片1-2-8 BRICK BLOCK1F TEL:03・6801・5625 11:00~19:00 水曜休

chicoさん スイーツライター&コーディネーター。スイーツのトレンドに精通し、女性誌やウェブを中心に執筆。スイーツの商品開発なども手がける。『東京の本当においしいスイーツ探し』シリーズを監修。共著に『東京最高のパティスリー』がある。

※『anan』2021年1月20日号より。写真・田尻陽子 取材、文・小寺慶子

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。