岡崎体育「表舞台から引退しようと考えていたけど…」 2020年を振り返る

2021.1.3
岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「2020年を振り返る」です。
okazakitaiiku

2020年という年は、誰しもが不自由を感じた一年だったと思います。僕にとっても意味深い年になりました。僕は夢だったさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブを達成したら、表舞台から引退して裏方の仕事をしようと考えていたんですが、今年、コロナ禍であらゆるライブやイベント活動が中止になり、気づけば自宅にこもって音楽制作に集中することになりました。自宅で、他のアーティストから依頼された楽曲や、ポケモンの映画音楽を制作している日々を送っていて、はたと、これこそが自分が想像していた、音楽作家としての生活なのではと気づきました。奇しくも、僕は音楽を作るだけの生活を体験することになった。それはとても有意義で、僕にとって特別な時間でした。

でも同時に、やはり自分のアルバムを出して、それに伴うツアーをして、ライブステージでエンターテインメントすることの尊さにも気づけた。このまま音楽制作だけをやっていたら、僕みたいなタイプは、すぐに行き詰まって音をあげていたかもしれないな、と気づくことができたんです。

またその逆で、もし今年も普通にライブやフェスをして、ツアーを回ってと、これまでと同じ日々を過ごしていたら、ひょっとするとわだかまりやモヤモヤを持ってしまっていたかもしれない。この自粛期間で、僕はそんな自分の気持ちを整理したり、自分が進むべき道の再確認をすることができた。ライブができなかった時間があったからこそ、ライブができることの喜びやお客さんが楽しんでくれることのうれしさみたいなものを、ひとつひとつ噛みしめることもできました。やっぱり、大きなスピーカーから音を出して、みんなでひとつの音楽を楽しむことは素晴らしい。そんな日常が戻ることを願っています。

だから、僕はすべてのことを前向きに捉えたいと思っています。もちろん、残念なことも、辛いこともいろいろありました。でも、今年の経験を経て2021年へと進みたい。気持ち的には、岡崎体育としてデビューしたときとすごく近いです。「音楽って楽しい!」という初心に帰らせてもらったと思える2020年でした。今は、自分の新しいアルバムの制作を着々と進めているので、それを来年の楽しみとして待っていてほしいです。年末年始も部屋にこもって制作します!

おかざきたいいく 『よなよなラボ』(NHK総合 毎月1回土曜24:05~)、『おはスタ』(テレビ東京系)火曜レギュラー。『ヒャダ×体育のワンルーム☆ミュージック』(NHK Eテレ22:50~)が1/5(火)にスタート。

※『anan』2020年12月30日‐2021年1月6日合併号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

(by anan編集部)