アンアンからニュースを配信します!

「近親憎悪のような感覚」も…南沙良、「もみの家」で演じた役を語る!

2020.3.21
映画『もみの家』で不登校の少女・彩花を演じた南沙良さんに、現場の様子を聞きました。

「撮影に1年かけたからこそ、役にしっかり向き合えた」

30

「小さい頃から、自分じゃない何かになりたいという思いが強かったんです。インコになりたかった時期もあるくらい(笑)。それから自然と女優さんを目指すようになりました」

モデルとしてデビューし、‘18年に初主演を務めた映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で数々の新人賞に輝いた女優の南沙良さん。心に不安を抱えた若者たちの自立を支援する施設「もみの家」を舞台にした最新作では、そこにやってきた不登校の少女・彩花を演じている。

「最初は彩花のことが好きになれなかったんです。イヤなことがあるとすぐに逃げてしまうところとか、人の話を聞かないで自分の殻に閉じこもってしまうところとか、自分と重なる部分が多くて近親憎悪のような感覚でした。でも、いろいろな人と触れ合っていくうちに少しずつ変化していく姿は共感できましたし、お芝居をしていても楽しかったです」

めぐる季節とともに変化していく彩花の繊細な心の機微を描くため、撮影は雄大な自然が広がる富山県で、実際に1年かけて行われたそう。

「最初に1年かけて撮影すると聞いたときは驚いたんですが、彩花の心の変化を自分でもしっかり感じることができたのも、美しい四季が映像に収められたのも、1年という月日があったからこそ。ただ、撮影と撮影の間に他のお仕事もあったりしたので、毎回現場に入って彩花の感覚を取り戻すのが結構大変で…。そのために、彩花として感じたことを日記のように手帳に書き留めておいて、富山に戻る前に見返すようにしていました」

今回の作品を「日々の暮らしの中で、少しでも息苦しさを感じている人に観てもらいたい」と話す、南さん。

「もみの家のOBの淳平(中村蒼さん)が不登校の彩花に対して、『(学校が)合わなかったんだよ』と言うシーンがあるのですが、私自身、学校にあまり馴染めない時期があったので、その言葉にすごく救われたというか、気持ちがラクになった部分があって。なので、同じような思いを抱えている方には、観た後にきっと何かを感じてもらえる作品になっているんじゃないかなと思います」

31

映画『もみの家』 心を閉ざした少女・彩花(南)が、不登校や引きこもりなどの問題を抱える人々の自立を支援する施設「もみの家」で成長していく姿を描く。出演/南沙良、緒形直人、田中美里ほか 3月20日より全国順次公開。©「もみの家」製作委員会

みなみ・さら 2002年6月11日生まれ、神奈川県出身。出演映画『太陽は動かない』が5月15日公開。これから挑戦してみたい役は「ヤンキー。昔からグレてみたい願望があるんです(笑)」。

スカート¥32,000(ラッピンノット/UTS PR TEL:03・6427・1030)

※『anan』2020年3月25日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・道券芳恵 ヘア&メイク・井村曜子(eclat) インタビュー、文・菅野綾子

(by anan編集部)