アンアンからニュースを配信します!

食べられるラブレター!? “手紙を送りたくなる”文具5選

2020.3.3
メールでのやりとりが当たり前な時代だからこそ、一層感じる手紙のあたたかみ。古き良き文化を引き継ぎ、最近はクラシックな文具がアップデート! 誰かに手紙を送りたくなる、そんなアイテムが揃いました。

想い溢れる、食べられる手紙。

14

ラブレターをイメージして作られた、西洋のキャンディ“ファッジ”でできた手紙。ほろ苦く壊れやすい恋愛や言葉の儚さまで表現された繊細なつくりで、気持ちがより一層伝わること間違いなし。Charlotte¥880(cineca)http://cineca.si

いつもの手紙をワンランクアップ!

12

シーリングは、クラシックなヨーロッパブランドで。手紙に合わせてワックスの色も使い分けて。シーリングスタンプ各¥2,100(ルビナート) シーリングワックス スパングルレッド、ゴールド各¥640(アラジン) 共に銀座 伊東屋 本店

手紙を書くには、まずカタチから。

Antenna

海外の映画やドラマで目にする、羽根ペンでスラスラと文字を書く美しいシーン。その気分を手軽に味わえる、憧れのアイテム。羽根つけペン グリーン¥1,000 羽根ボールペン ホワイト¥800(ジャフィー/銀座 伊東屋 本店 TEL:03・3561・8311)

空間を落ち着かせる和みカラー。

15

大切な手紙や書類を保管できる文箱は、箱やふた、トレイがカチッとはまる仕様。一式まとめて揃えよう。3色展開。(S)W19.85×D13.75×H6.65cm各¥4,500 (L)W27.5×D19.85×H6.65cm¥5,800(大成紙器製作所)https://www.taisei-shiki.jp

離れた場所にいる人にも、花を贈りたい。

16

140円の郵便で送ることができる、ペーパーフラワー付きポストカード。母の日や大切な人の誕生日に、ぜひ使いたいスペシャルアイテム。ドライフラワーのタイプもあり。PAPER EDEN各¥3,500(edenworks bedroom)https://edenworks.jp/

※『anan』2020年3月4日号より。写真・多田 寛 スタイリスト・池田沙織

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

便秘もおなかのハリも…腸活で脱・ぽっこり。-PR