アンアンからニュースを配信します!

北海道のパンも! 菓子研究家がおすすめの“手みやげグルメ”5選

2019.11.30
いま贈りたい“手みやげ”をセレクト! おいしいもの、いいものを知る菓子研究家・長田佳子さんが、全国で出合ったおいしいもののなかから、これからの季節にも最適なギフト5品を厳選してくれました。

イベントやワークショップなど、仕事で日本各地を訪れる機会が増えているという長田佳子さん。

「その土地の方々と、暮らすようにお仕事をさせていただくことが多いので、みなさんから地元のおいしいもの情報を教えてもらいます。道の駅も好きなので、見かけたら必ず立ち寄ります」

そんな長田さんが教えてくれたのは、全国で出合ったおいしいもの。素朴ながらも、こだわりがつまったものばかり。

「手みやげには、おいしいのはもちろん、新鮮で手がかからず、相手の負担にならないものを。簡易包装の場合もあるけれど、その土地の空気感として受け取っていただけたら。地方のものは、お渡しする時に話も弾みます」

ラムヤート『パン』

レーズンとクルミ1/1¥610。玄米粉食パン¥680。エジプト塩のパン¥850。心豊かな朝食を彩るパンを北海道から。

nagata

遠方から駆けつけるファンも多い、北海道の洞爺湖前にあるベーカリー。独特の酸味のあるパンは、自家製天然酵母や地元の自然農園の粉を使い、手作りの石窯で丁寧に焼いている。「作り手の熱意と風土がマッチしていて、パン自体にエネルギーを感じます。北海道が身近でない方にぜひ」。北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町128‐10 TEL:0142・87・2250 10:00~16:00(売り切れ次第終了) 月~金曜休(4~12月のみ営業) 電話で取り寄せ可。

ハーブ農園ペザン『ラベンダー棒茶』

ティーバッグ12包入り¥1,500。和食や和菓子に合う甘い香りの自然栽培茶。

nagata

自社で自然栽培したハーブを使い、お茶を作る農園。ラベンダーの茎を焙煎したカフェインフリーのこのお茶は、金沢で親しまれる棒茶の製法に倣ったもの。ラベンダーというより、ほのかに甘い桜餅のような香りが特徴。「和食や和菓子によく合うほか、お酒の合間に飲んでも邪魔しません」。石川県河北郡津幡町字湖東197 TEL:076・289・6287 11:00~15:00(土・日曜~17:00) 水・木曜休 https://paysan.co.jp オンラインで購入可。

洋菓子・喫茶 ボンボン『バームクーヘン&マドレーヌ』

10個入り¥2,350(税込み)。昔ながらのルックスと味わいをみんなでシェア。

nagata

おいしい洋菓子とコーヒーと、昭和レトロな雰囲気が人気の名古屋の名店。「実家へ帰省した際に立ち寄って購入。お茶の時間を大切にする人や年配の方への手みやげにしたり、個包装なので撮影時の差し入れにもぴったり。昔ながらの包装紙やリボン、クマがモチーフのパッケージも変わらない良さがあります」。愛知県名古屋市東区泉2‐1‐22 TEL:052・931・1929 8:00~21:00(販売) 無休 http://cake-bonbon.com 電話で取り寄せ可。

杉本薬局『薬膳十一包』

5包入り¥3,000(税込み)。心も体も温める冬にぴったりのギフト。

2178 nagata1-4

「家でも気軽に薬膳料理を」と、鎌倉の漢方薬局がオリジナルで調合。個包装パックには、ショウガ、ハトムギ、朝鮮人参、ウコンなど11種類の和漢植物をブレンド。「これを使って鍋料理を作ると格段においしくなるし、体もポカポカと温まります。寒い冬のちょっとしたご挨拶代わりに」。神奈川県鎌倉市大船1‐25‐37 TEL:0467・46・2454 10:00~18:30 木・日・祝日休 http://sugimoto-ph.com オンラインで購入可。

亜熱帯果樹園 M.M Farm(あねったいかじゅえん エムエムファーム)『原生林の雫』

300g¥2,000。お疲れ気味な友人へ奄美の自然の恵みを。

nagata

奄美大島で採取された、ほんのり苦みのある深い味わいのはちみつ。「奄美大島の自然と生物と人の関わりに惹かれ、通い続けているなかで出合いました。私はお菓子作りに使っていますが、手みやげにもおすすめ。忙しい友人に贈って元気になってもらえたら」。サンシャイン+クラウド 神奈川県三浦郡葉山町一色2151‐1 TEL:046・876・0746 11:00~19:00 月曜休(祝日は営業) https://sunshine-cloud.com 電話で取り寄せ可。

長田佳子 菓子研究家。「foodremedies」主宰。厳選素材を使ったお菓子作りに定評が。教室や出張イベントなども行う。近著に『全粒粉が香る軽やかなお菓子』(文化出版局)。

※『anan』2019年12月4日号より。写真・山口 明 スタイリスト・野崎未菜美 構成、文・野尻和代 撮影協力・UTUWA

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ