美しさがぐっとUP! アクセサリーが映える手元づくり

2019.10.26
人の視界に入りやすいパーツ・手首&指。それゆえ、ケアは必須! アクセサリーが美しく映える華奢な手元を目標に。教えてくれたのは、日本エステティック協会名誉本部講師・藤井峯子さんとモデル・神山まりあさんです。

程よい凹凸が品を醸し出す手首&指

1:指の股と手の端をつねる

Health

指の間の水かき部分や手の側面を、つねりながら強めに揉んでいく。血管の折り返し地点である手指の末端をほぐすことで、腕全体の血流を手早く上げることが可能に。それぞれ5回ほど。

2:手首の骨のすき間をプッシュ

35

手首の関節の間にあるくぼみに親指を入れて圧をかけ、老廃物を押し流す。骨まわりのすべてのすき間から詰まりをこそげ落とすイメージで4~5回行う。指位置を細かく動かして。

3:手首をくるくる回す

36

関節の周りは、老廃物が溜まりやすいスポット。内側、外側にそれぞれ5回ほど手首を回し、血流をアップさせて。片手だと回しづらい場合は、両手を組み合わせた状態で行ってもOK。

4:ひじまわりの筋肉の間を押す

Health

手首同様、ひじ関節も老廃物が滞りがち。ひじまわりの筋肉のすき間に指を入れ、イタ気持ち良い強さで30秒~1分くらいプッシュ。関節まわりの詰まりをしっかり取り除いて。

5:前腕の骨の間をしごく

38

前腕をまっすぐに伸ばした状態で2本の骨の間に指を当て、3~4の工程で取り除いた老廃物を流していく。腕の内側は親指、外側は残りの4本指の腹を使って、さするようにしごいて。

6:全体をしっかり流してフィニッシュ

39

急いでむくみを取りたい時は、指を1本ずつリズミカルに握るのが正解。ギュッと圧迫してからパッと一気に離すことで末端の血行が促進され、むくみやだるさがすっきりオフ!

神山まりあさん モデル。2011年ミス・ユニバース・ジャパングランプリ。ファッション誌やテレビなどで活躍。イメージコンサルタント、マナー・プロトコール講師の資格を持つ。初の著書『神山まりあのガハハ育児語録』(光文社)も好評。

藤井峯子さん 日本エステティック協会名誉本部講師、骨洗いリンパサロン『ラピスクーナ』プロデューサーとして人材育成に尽力。著書に『“骨洗い”ダイエット』(東邦出版)、『自分軸を鍛える100(99)の気づき』(エステティックBP)が。

オールインワン¥13,500(ヨギー・サンクチュアリ/ヨギー TEL:03・5725・1881)

※『anan』2019年10月30日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・Nagisa(W) モデル・阿部朱梨 取材、文・真島絵麻里

(by anan編集部)

美容-記事をもっと読む-_バナー

池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。