アンアンからニュースを配信します!

え、放置すると一気に老ける!? 「夏のバテ肌」デトックス法

2019.8.25
ゴワつきやカサつき、毛穴の目立ちやむくみなど。夏の間のダメージを溜め込んだ肌は、コンディションが下り坂。まずは溜まった不調要因をデトックスするお手入れで、バテ肌から脱却。乾燥が進む秋に向けて、肌を立て直しておこう!

バテ肌回復のカギはデトックスにあり!

厳しい夏を過ごしてきた今の時期の肌は、いろいろなダメージを溜め込みがち、と美容ジャーナリストの小田ユイコさん。

「紫外線はもちろん、暑さによる寝不足や水分・栄養の不足など、夏は体と肌への負担が大。ダメージを溜め込んでしまうのは当たり前です。そのまま放置して乾燥の厳しい秋冬を迎えると、肌は一気に老けてしまう可能性があります。今のうちにしっかりとケアして回復を図りましょう」(小田さん)

皮膚科医の高瀬聡子先生によると、夏のバテ肌を回復するには、デトックスを意識したスキンケアが有効とのこと。

「夏の体や肌は、どちらかというと排出する働きが活発になります。でも出し慣れていないと、うまく排出できなくなってしまいます。紫外線で厚くなった角質や夏に増える皮脂、日焼けが引き起こす炎症や、寝不足や栄養不足が原因で代謝が衰えて溜まった老廃物など。溜めてしまったダメージをこまめにデトックスして、肌が本来持っている排出機能をサポートしてあげましょう」(高瀬先生)

紫外線などの影響で溜まった角質や、毛穴目立ちの原因になる皮脂には、取り去るケアを。

「古い角質や皮脂をオフするなら、酵素洗顔やスクラブを活用して。最近は刺激を恐れて取り去るケアを必要以上に怖がる人もいるけど、古い角質を放置するとさらなる乾燥や肌荒れの原因になるし、酸化した皮脂はニキビや炎症を起こす可能性も。今どきのコスメは進化しているので、使用頻度を守り、ゴシゴシこすらない限り肌への負担はほとんどかからないはず。取り除けば、明るくスベスベな肌を取り戻せますよ」(小田さん)

洗う順番を工夫すればもっとスベスベな肌に。

face

スクラブ洗顔や酵素洗顔は、Tゾーンやあご、フェイスラインなど、特にゴワつきや毛穴の気になる部分からのせればより効果的。決して肌をこすらず、ジェルや泡を肌の上ですべらせるように優しく洗い上げて。

ジェル洗顔

もっちり吸いつくジェルで肌の汚れを一掃する洗顔やパックが、ブーム継続中。肌への負担が少ないので、毎日使える点も人気の秘密。洗い上がりの明るい肌に、大満足!

face

オルビスユー ジュレパック
洗い流すタイプのスクラブ入りジェルパック。肌内部の水の通り道にアプローチして潤いをブースト。毎日の洗顔としても使える。120g¥1,800(オルビス TEL:0120・010・010)

スクラブ洗顔

硬くなった角質や毛穴に詰まった汚れを物理的に取り除くアイテム。最近のアイテムはスクラブが細かくて肌あたりが柔らかいため、肌への負担が少ないのが特徴的。

face

ITRIM エレメンタリー フェイシャルゴマージュ
アロエベラやコンニャクなど5つの植物から生まれた、ソフトな天然スクラブを配合。極上ジュレの感触で、お手入れが至福の時に。100g¥12,000(ITRIM TEL:0120・151・106)

酵素洗顔

タンパク質の分解を促す酵素の入った洗顔は、古い角質同士の結びつきをゆるめて、肌のザラつきを改善。毛穴に詰まった汚れもオフするので、毛穴目立ち解消にも。

face

ファンケル ディープクリア 洗顔パウダー
酵素が汚れを分解し、竹炭が汚れを吸着。ヒアルロン酸やアミノ酸などの保湿成分が、肌に必要な潤いをきちんとキープする。30個¥1,800(ファンケル TEL:0120・35・2222)

小田ユイコさん 美容ジャーナリスト。美容誌や女性誌で活躍。数々の取材を通じてスキンケアの知識を蓄積。自身の敏感肌を克服した経験をもとに、肌トラブルの内外ケアに役立つアドバイスを発信する。

高瀬聡子先生 皮膚科医。「ウォブクリニック中目黒」総院長。レーザーや光など先端の美容医療と正しいスキンケア指導で、美肌作りをサポート。ドクターズコスメ『アンプルール』の開発も手がける。

キャミソール¥8,800 ヘアバンド¥2,800(共にスキンアウェア/スキンアウェア東京日比谷ミッドタウン店 TEL:03・6206・1871)

※『anan』2019年8月28日号より。写真・多田 寛(DOUBLE ONE) スタイリスト・中根美和子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・松木育未 取材、文・風間裕美子

(by anan編集部)

美容-記事をもっと読む-_バナー

朝・昼・晩、3500時間どんな時もスキンケアタイム&“モテ”時間。
ファンデ美容で叶うこと。