アンアンからニュースを配信します!

『トイ・ストーリー4』は大人にこそ響く! 人生が見えてくる?

2019.7.3
オネエ系映画ライター・よしひろまさみちさんの映画評。今回は映画『トイ・ストーリー4』です。
movie

『トイ・ストーリー4』をまさかの続編と呼ばずに何をそう呼ぶ! と言いたくもなるわよねー。だって、前作は完璧すぎる、最高のシリーズ終幕&108億円超えの大ヒットだったから。あたしも続編企画があることを知った時点で「いったいどうやってこの先を作るのよ!」と思ったもんですわ。いや、素人妄想でいけば、アンディからボニーに引き継がれたおもちゃたちのその後を描いて、潮時ってときにまた別れのエピソードでつないで…って無限ループにしかなんないしー!(するとマンネリ化して、無残に終わるの)

ところがよ。そんな危惧はやはり天才集団のピクサーには不要だったことを思い知ったわ。物語は『~2』の後の回想劇からスタート。なんでそこまで過去にさかのぼるかっていうと、そのときウッディたちと別れたボー・ピープという磁器のお人形が物語のヒロインだから。

ウッディたちに、ボニーが幼稚園で作った先割れスプーンのおもちゃ・フォーキーが仲間入り。ところが、フォーキーはゴミ箱にあった材料からできているせいで「自分はおもちゃじゃないー!」と自覚なし。そのため、ボニー一家のキャンプ旅行中に、車から飛び降りちゃうの。で、ウッディが代表してフォーキーを連れ戻しに行ったところ、たまたま見つけたのよ、ボー・ピープの消息の手がかりを!

これだけだと、昔のキャラクターの再会~みんな一緒に幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたしってなりそうなもんじゃない? 違うの、全く違うの! 細かいことはさておき、本作のテーマ。それは「独立心と帰属意識」。これって子供には分からないけど大人になればなるほど考えさせられる人生のテーマ。どっちにも幸せと厳しさがあるし、選択は本人の自由(向き不向きもありますし)。それを考えさせられるのよ。こんな続編ができるなんて想定外。って、涙しながら思うはずよ!

movie

『トイ・ストーリー4』 フォーキーだけでなく新キャラも魅力的よ。監督/ジョシュ・クーリー 声の出演/トム・ハンクス、ティム・アレンほか 吹替/唐沢寿明、所ジョージほか 7月12日より全国ロードショー。©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

※『anan』2019年7月10日号より。文・よしひろ まさみち(オネエ系映画ライター)

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

旅好き女子が大注目!次の海外旅行をメルボルンにする5つの理由って?