アンアンからニュースを配信します!

リアルな目線に30代男子が共感!? 澤部渡の“スカート”が第2弾!

2019.6.24
澤部渡によるソロプロジェクト、スカートは、彼の類まれなるポップなソングライティング力で近年は映画やドラマへの楽曲提供も多い。アルバム『トワイライト』の1曲目を飾るのはKaede(Negicco)への提供曲のセルフカバー。夜の静寂の中をゆっくり旅するようなムードが聴き手を一気に魅了する。

内容はファンタジーだけど目線だけはリアルなんです。

sawabe

「楽曲提供の際、Kaedeさんのスタッフさんから『明るいか暗いかどっちかに振ってほしい』と言われて、迷わず『暗い方だったら得意ですよ!』と書いた曲。現状を一度投げ捨てて先に進もうとしている女の子が主人公で、暗い言葉が躍るけれど、わりと前向きな曲なんです」

DJ MARUKOMEへの楽曲提供でtofubeatsとコラボした「高田馬場で乗り換えて」のセルフカバーも収録され、スカートのポップ・ワールドは多彩さを極める。その半面、澤部さん自身のちょっとダークな(!?)内面世界が垣間見えるような楽曲たちも、今作をじっくり聴かせる大事な要素になっている。

「特に『ずっとつづく』の歌詞を書いていた頃に、いろんな少女漫画を読んでいたんですけど。その時に“なんで僕はこの世界でまだ結婚していないんだろう”とか“まともな大人になってないな”と感じたことが歌詞になりました。だからこの曲だけ31歳男性・無職のリアリティ(笑)。内容はファンタジーだけど、目線だけはリアルなんです。そこが今までのスカートとは違うなと」

フリューゲルホルンの音色と山崎ゆかり(空気公団)のコーラスが尊い一瞬を美しくなぞるような「トワイライト」も、ミュージシャンでありながら漫画への憧れがあるという澤部さんならではの楽曲。

「映像や写真と違って、漫画はその1コマの前後で何があったのかをぼかすこともできるし、描き切ることもできるところが好きなんです。そういう描写がこの『トワイライト』という曲ではできました。そしてアルバムのジャケットは、敬愛する漫画家の鶴谷香央理さんに描いてもらった、存在しない漫画の1コマ。スカートの音楽自体が架空の漫画だと思って楽しんでもらえたら」

夕暮れが夜に包み込まれる、その一瞬に訪れる魔法のような時間をポップ・ミュージックというフォーマットで実現してみせる。そんな気迫とロマンに溢れたスカートの新作だ。

sawabe2

メジャー2nd Album『トワイライト』。映画『高崎グラフィティ。』主題歌「遠い春」、映画『そらのレストラン』主題歌「君がいるなら」など珠玉のポップ・ソングが並ぶ。【初回限定盤2CD】¥3,200 【通常盤CD】¥2,600(ポニーキャニオン)

2006年、澤部渡のソロプロジェクトとして活動開始。’17年、メジャー1stアルバム『20/20』を発表。清涼感のあるポップ・ソングの書き手として、他アーティストへの楽曲提供やドラマや映画の劇伴制作に携わる。

※『anan』2019年6月26日号より。写真・内山めぐみ 取材、文・上野三樹

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

旅好き女子が大注目!次の海外旅行をメルボルンにする5つの理由って?