アンアンからニュースを配信します!

竹炭やほうじ茶のチョコ!? 和の素材を生かした絶品ショコラ4選

2019.1.20
チョコレートのバリエーションは年々豊かに。いま食べたい、最新チョコレート事情をお届け! ここでは、山椒やごま、ほうじ茶など、珍しい素材使いに驚かされるボンボンショコラに注目します。
チョコレート

産地別のカカオの個性が日本の素材を引き立てる。

ゴディバ「カカオジャーニー シークワーサー」4粒入り¥2,000

チョコレート

素材:柚子、シークワーサー、黒ごま
日本の食文化に造詣の深いシェフ ショコラティエ、ヤニック氏による2019年バレンタイン限定コレクション。ベトナムやパプアニューギニア、ベネズエラなど産地の特性が際立つカカオと、沖縄産シークワーサーや柚子、黒ごまの組み合わせはさすがの完成度。三越伊勢丹で1/23~2/15取り扱い。ゴディバジャパン TEL:0120・11・6811

日本全国で育まれた四季の素材を凝縮。

kiki‐季季‐「しゅんかしゅうとうkiki ボンボンショコラ」8個入り¥3,000

チョコレート

素材:竹炭、ごま、抹茶、しそ
約1万2000坪の敷地に日本庭園が広がる八芳園。その庭の踏み石をイメージしたチョコレートには徳島の竹炭、東京・国分寺のしそ、萩のごまなど全国から厳選した素材を使用。その豊かな風味とチョコレートが一体となり春夏秋冬の彩りを感じさせる。アニバーサリーガーデン/東京都港区白金台5‐3‐8 TEL:03・6721・9406 11:00~18:30 火曜休

和が香り立つショコラを、古都・鎌倉から発信。

ショコラトリー カルヴァ 北鎌倉 門前「ボンボンショコラ」6個入り¥1,720

チョコレート

素材:生姜、ぶどう山椒、日本酒
仏・ノルマンディで修業、国際コンクールでの優勝経験もある田中二朗氏が作るボンボンショコラは、和の素材が違和感なく調和する。ガナッシュが舌でほどけるにつれて広がる日本酒の芳醇な香り、ピリッとした生姜の刺激、山椒の清々しさも印象的だ。神奈川県鎌倉市山ノ内407 TEL:0467・38・6259 10:00~17:00(季節により変動) 火・水曜休

和洋の要素をひと粒に。千年の都の雅を感じる。

ショコラ ベル アメール 京都別邸「ショコラ雅」12個入り¥3,200

チョコレート

素材:ほうじ茶、生姜、日本酒、甘酒
ほうじ茶ピスターシュ、甘酒ペッシュ、生姜アマンド、日本酒アールグレイ…意外だが相性抜群の組み合わせは、ショコラティエのセンスと技術あってこそ。濃厚な味わいは抹茶にもよく合う。「ちょうちょ」「寒椿」など季節を表したイラストも秀逸。京都府京都市中京区三条通堺町東入ル北側桝屋町66 TEL:075・221・7025 10:00~20:00 不定休

※『anan』2019年1月23日号より。写真・永禮 賢 石渡 朋 谷 尚樹 スタイリスト・中根美和子 文・日高むつみ 岡井美絹子 佐々木ケイ

(by anan編集部)

「男が触れたくなる髪」のケア方法知ってる…?