アンアンからニュースを配信します!

いい女はカラオケで1番に歌う! 曲はモー娘。のアノ曲…

2017.10.19
出会った女性がネタの源という横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は、カラオケで一曲目を歌う女になりきり。
横澤夏子

気を遣っていることを気づかせないのがいい女。

人が嫌がることを率先してできる女性って素敵ですよね。なかでも尊敬するのが、カラオケで1曲目を歌う人。友だちと行く場合は別ですが、職場の人や、そこまで仲良くない人たちとのカラオケは、選曲や曲を入れる順番などを探り合う、気を遣う場所。特に1曲目を歌うことは避けたい人が多いものです。そんな嫌な役目に手を挙げてくれる人がいると、一気に場の空気が明るくなり、会そのものがスムーズに運ぶ。しかも、そうやって気が遣える女性は、場にいる人たちに“1曲目を歌ってくれたんだな…”と思わせるという無粋なこともしません。“1曲目を歌いたいキャラ”を見事に演じ切り、周りには「あの人、絶対、最初に歌うよね!」と思わせる。もちろん、そんな女性はカラオケに引っ張りだこ。“この人がいれば会が成功する”と信頼され、必要とされ、愛されるわけです…!

だから、いい女を目指す私たちがやるべきことは、まず勇気を出して1曲目を引き受けること。このとき、部屋に入ってすぐに曲を入れず、飲み物のオーダーが終わるタイミングに歌うと、より展開がスムーズに。選曲はバラードなどのしっとり系は避け、盛り上がるものにする。私がいいなと思うのは、モーニング娘。の「LOVEマシーン」です。上司や同世代の人は必ず知っているし、年下を“え、この曲、知らないの~?”といじることもできるなど、コミュニケーションをとりやすい。また、あまりに上手く歌い上げると次の人が歌いづらいので、ちょいヘタなくらいに抑えておくのがベター。間奏中に歌ってない人には、「曲入れた?」とデンモクを渡せると完ぺきです。カラオケに行く機会があれば、全体を俯瞰で見て、盛り上がるように動けるのがいい女。私も頑張ります!

よこさわ・なつこ 芸人。『バイキング』(フジテレビ系)など、数多くのバラエティ番組にレギュラー出演している。11月2日、ルミネtheよしもとにて単独ライブ「コスモスガール」が決定!

※『anan』2017年10月25日号より。写真・中島慶子 イラスト・別府真衣 文・重信 綾

(by anan編集部)

【人気記事】
横澤夏子 いい女の陰には“第二の母”がいる!


【今始める女がモテる!】痛くない・早い・安い「脱毛サロン」とは?