恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

彼の12星座別! 男性の「意外な裏の顔」診断

文・沙木貴咲 — 2020.9.6
大好きな彼のガッカリな一面とはいったい……? 今回は、占い師の沙木貴咲さんに、12星座別に【彼の意外な裏の顔】をご紹介いただきました。彼の短所も含めて愛せるかどうかを見極めると、彼とのお付き合いはだいぶ変わるかもしれません。ぜひご参考に!

彼の12星座別「意外な裏の顔」

彼の12星座別「意外な裏の顔」

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座の彼は男らしく積極的ですが、飽きやすく浮気しがちな裏の顔を持ちます。彼にとって、恋愛の醍醐味は好きな人を振り向かせることで、自分の彼女にできたらテンションはかなり落ちてしまうはず。ほかの女性に目が向いたり、こっそり合コンに参加したりするかもしれません。

でも、おひつじ座は巧妙に浮気を楽しむほど器用ではなく嘘も下手。「アナタがやましいことをしようとしても、私はすべて見抜いている」と言い切っていいでしょう。ハッタリをきかせるくらいが良い抑止力になるはずです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座は温厚な平和主義者。見るからに「いい人」なのですが、思考はかなり現実的で損得勘定もしっかりしています。メリット・デメリットを考えて人と付き合い、無駄なものにはお金を出したくないと考えるでしょう。

ただ、そうした面は親密にならないと見えてこないため、付き合った後で「イメージと違う」と驚く可能性が。

現実思考や損得勘定は危なげない人生を送る上で必要なものですが、初めはギャップがあって戸惑うかもしれません。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座の彼は話し上手で親しみやすいタイプ。でも、親密な関係を築くほど、彼には彼女ですら立ち入れない領域があると気づくでしょう。予想外に本音が見えづらく、「本当は何を考えているの?」「解り合えないかもしれない」と不安になってしまいそうです。

とはいえ、ふたご座は自分の機嫌を自分で取るタイプですし、人に気を遣わせるのも苦手なだけ。プライベートな領域は誰にでもあると思えば、彼の親しみにくい一面がネガティブに見えなくなるのではないでしょうか。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座の男性は優しいフェミニスト。安心して付き合えそうと思っても、親密になるほど意外と厳しい面が見えてきます。

すでに指摘されたことをうっかり忘れると、「それ、やめてって前も言ったよね」とチクリ。些細な内容でも気になることは徹底的に潰したいのでしょう。

手厳しいダメ出しに心が折れそうになるかもしれませんが、それも彼なりの愛情表現。本人は良かれと思って言っているので、意地悪ではないことだけ覚えておいてください。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の彼氏は男らしく頼りがいがあると思うかもしれませんが、付き合えば甘えん坊な一面を見せてきます。おうちデートではそれが顕著に出るはず。「おなか空いた」と食事を催促したり、手が届かないものを彼女に取らせたりと、あなたを都合良く扱うかもしれません。

王様気質のしし座とはいえ、あまり調子に乗るようなら「私はアナタの召使いじゃないの」とビシッと言った方がいいでしょう。何を言っても許されると思わせないことで対等な関係を築けます。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座は品行方正で真面目。しかも誠実なので安心して付き合えるのですが、関係が馴染むほどちょっと驚く一面を見せ始めます。それは、意外と毒舌で皮肉屋だということ。ブラックジョークが辛辣すぎて思わず引いてしまいそうです。

ただ、ブラックジョークはそもそも聡明な人しか言えないもの。おとめ座には知的な人が多く、当然ながら本気で意地悪をするつもりもありません。「頭の回転が速い人は笑いのセンスがキレている」と解釈するといいかもしれません。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座の彼氏は何をしても格好良く、隙がないように見えますが、お互いの家を行き来するようになれば意外な一面を見せてきます。「こんなにだらしない人だったの?」と驚かされるはずです。

てんびん座はオンオフがしっかりしていて、プライベートを明かすのが苦手。それは、ひとりで過ごす時くらいは完全にリラックスしたいからなんです。グータラな姿を見ても、「これが彼なりのリフレッシュ法」と受け止めるといいかもしれません。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座の彼氏は彼女思いで情熱的。「こんなに愛されたことはない」と感動するかもしれません。でも、彼の愛情はときに暴走して煩わしく感じるほど重くなる可能性が。束縛と独占欲の鬼と化す瞬間がありそうです。

とはいえ、それも彼女を真剣に愛するがゆえのこと。ちょっと面倒くさくても、彼の想いにマメに応えたなら、ラブラブな関係がいつまでも続くでしょう。ちなみに、さそり座の彼を嫉妬させて愛を試すような行為はご法度です。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座の彼氏はざっくばらんで付き合いやすいのですが、仕事や趣味に集中すると、とたんに素っ気なくなります。デートに誘っても「忙しいから」「時間がない」と断られ、イライラされる可能性も。

でも、それは愛情が冷めているわけではありません。いて座は目標が定まればまさに矢のごとく突き進むので、ちょっとでも横道にそれたくないのです。何かにのめり込んだ時の彼の熱量は高く、ついていくのが大変なはず。

彼が忙しくなる時は、いっそ恋をお休みした方がいいかもしれません。ひとりの時間を有意義に過ごすことを考えてみましょう。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座の彼氏は真面目でしっかり者。「この人に全部任せておけば大丈夫」と思わせるような安定感があります。でも、やぎ座は管理能力が高いだけに、彼女のことに細かく口出しをする可能性が。彼女がひとりで決めるべきことにも干渉して支配しようとします。

そんな裏の顔に煩わしさを覚えるなら、彼のアドバイスは右から左に聞き流して大丈夫。それで何か言われたとしても、「これは私の問題だから」「アナタはつねに絶対正しいわけじゃない」とバッサリ斬っていいでしょう。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座の彼氏は独創的で尊敬すべき存在でしょう。ただ、自分至上主義なところがあるので、彼女の扱いが雑になる可能性が。自己中心的な一面が見えて、愛されている実感を抱けないかもしれません。

もし、あなたがいつも彼に合わせて寂しい思いをしているなら、それを正直に伝えてみてください。

ただ、みずがめ座は独自のマイルールに従って生きる人たちなので、彼が態度を改めないなら別れも視野に入れた方がいいでしょう。彼を変えるより、あなたが自分に合う彼氏を探し直した方が幸せになれそうです。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座の彼氏は優しくて甘え上手。一緒にいるだけで幸せな気持ちになるでしょうが、その裏には優柔不断な一面を隠しています。押しに弱いため、肉食女子に強引に迫られたら、浮気に応じてしまうかもしれません。

彼自身に「ちゃんとして」と言っても難しいので、周囲に彼女の存在を知らしめるような態度を取るといいでしょう。女性も参加する飲み会には「私も行く」と同席すると、彼を狙う女性はひるむはずです。

©AaronAmat/gettyimages
©Wavebreakmedia Ltd/gettyimages