恋愛世代のリアルを発信。

背景でプチ自慢!?…SNSやオンラインで「イラっとした友人エピ」4つ

文・オリ子 — 2020.7.25
在宅時間増加に伴いスマホを見る時間が増え、知り合いのSNSを覗いたり、オンラインでコミュニケーションを取ったりする機会も多いのではないでしょうか。今回は、20~30代女性の集まるアンアン総研メンバー約200人に聞いた、スマホでのやり取りでイラっとした友人エピソードをご紹介します。あなたも誰かを怒らせていませんか。さっそくチェックしましょう!

【アンアン総研リサーチ】

友達にイラっとしたことって何?

背景で、自宅自慢をさりげなくしてくる

「知り合いが、広くておしゃれなバルコニーでのアフタヌーンティーの様子を『自宅のバルコニーで、幸せになれちゃう私って単純(笑)』と、SNSにアップしていた。一見しっかりと自粛し、ささやかな幸せを楽しむ謙虚な姿勢に見えるが、バルコニーや家の自慢をしている気がした。案の定、誰かがコメントに、『すごいバルコニーだね! これ本当にAちゃんの家?』とコメントしていた。遠回しな自慢に、逆にイラっとした」(35歳・その他)

自宅の様子をSNSに載せることが多くなり、背景に高級な家具を置いたり、さりげなくおしゃれで広々とした家の様子を写している人、あなたの周りにもいませんか? あまりにもやりすぎちゃうと、「これって自慢?」と周りから白い目で見られる対象になってしまうかも。

お出かけの様子をSNSにアップ

「みんながおこもりしているなか、沖縄に行って夜中まで飲んでいるのをインスタ投稿していた友達にイラっとした。さすがにその時期の旅行は…。そしてそれをあげちゃうのもちょっと。みんなから批判が来たことに対して、東京は息苦しいみたいなポエム投稿をしていて、さらにイラッとしました(笑)」(30歳・主婦)

「いつも海外旅行の写真をインスタにあげている友人が、ここ最近国内旅行の写真をあげている。自粛できない性格なんだなと思った」(34歳・会社員)

お出かけの様子をSNSに載せている友達に対してのイラっとエピソード、けっこう多いようです。みんなが頑張っておこもりしているなかで、キラキラなお出かけの様子をわざわざSNSに載せる人は、残念ながら評価を落としている可能性大かも!?

飲み会に誘ってくる

「変わらず飲み歩いてる友達から毎日のようにLINEで誘われてイラッとした」(30歳・自営業)

「オンライン飲みをしつこく誘ってくる」(25歳・会社員)

自粛中、外出をぐっと我慢していた人がいる一方で、外で「飲みたい!」という衝動を抑えられず、さらには周りまで巻き込もうとしてしまう人も。また、オンライン飲み会も、室内とはいえしつこく誘ってしまうと相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

自分の基準で批判してくる

「私は仕事の時は仕方なく電車を使うのですが、専業主婦の友達から『電車とか、もう怖くて乗れないわ。乗ってる人みると怖いもん。乗る人って何考えてるんだろうね。常識がないのかな』とLINEが来た」(35歳・自由業)

専業主婦、ワーママ、それぞれ立場が違うのに、背景を知らずに一方的に非難されると嫌な気分になりますよね。お互い良好な関係でいるためにも、余計な話はほどほどが良いのかも。

友達からのイラッ、あなたは大丈夫?

思わずイラッとする相手は、あざとい人もいれば、悪気のない人もいるよう。どちらにせよ、人に不快感を与えているわけですから、投稿にしても発言にしても、軽率な言動は慎んだほうがよさそうです。ひとつの画像やコメントで、受け取る側はどんな気持ちになるのか、想像力を働かせましょう。


©MilanMarkovic/Gettyimages
©Westend61/Gettyimages