全否定されているような気分になり別居生活…1年間セックスレスを経験した私のリアル

文・いろは —
セックスレスが社会問題になっていることはもちろん知っていましたけど、根拠なく自分には縁遠い話だと思い込んでいました。結婚してから1年ほどで頻度が激減。その後、完全にレス化してから1年ほど経ちます。ここまで自信がなくなるとは…と、レスの根深さを思い知りました。

深刻化するなんて思っていなかった

セックスレス 体験談

夫にとって、私は初めての女性です。初エッチのつたなさなどは確かに感じましたが、これから一緒に在り方を作っていければ…と思っていた程度。それ自体に不満を持ったことはありませんでした。

もしかしたら夫は気にしていたのかもしれません。最初の頃は、いろいろな工夫をしてくれているようにも思いました。しかし、回数を重ねるにつれ、だんだん雑に…。私は丁寧にしてほしいと伝えました。

もしかしたらそれが、夫のプライドを傷つけたのかもしれません。今度は行為自体を拒否されるように。一時的なものだろうと軽く考えていましたが、数か月経てども解決しないまま。

そっちがその気ならと、私もムキになり、レス化は余計に進んでいきました。

たまにセックスしたならば、夫のあそこが機能しない…。オナニーをしている形跡はあるので、おそらく「妻だけED」なのだろうと考えました。彼の口からもその単語が出てきて、ますます確信していくばかり。

まずはレス解消をと思いましたが、彼が応じてくれません。私のほうもすっかり自信をなくしてしまい、双方誘うことがなくなりました。ここから、完全なレス生活が始まります。

自分の全てを否定された気分に

セックスレス 体験談

自分が性の対象ではないと突きつけられたような気持ちになり、女性としての自信を失っていきました。そして、自信喪失具合も悪化の一途をたどります。セックス以外は変わらず優しい夫だったはずなのに、ほかの面でも拒絶されているような気分になったのです。

少し残業が続いただけで、浮気したのではと疑いました。私の全てに飽きてしまったのではと、悲しくなりました。

レスの話し合いは、重たいと拒否されました。

夫の気持ちがわからず、セックスレスを検索して記事を読みあさる夜もありました。出てくる記事はネガティブなものが多く、もともと自分の中にあったマイナスな気持ちが増幅していきます。そして、彼の気持ちはわからないまま、ひとりで泣いていました。

私は30代前半です。諸説あるようですが、女性は30歳以降性欲が強くなるという情報も目に入りました。今後もレスが続くと考えたら、地獄のように思えたのです。

結婚しているからこそ逃げ場がないと思った

セックスレス 体験談

たまに有名人の不倫のニュースが取り上げられますが、このときばかりは、「妻だけEDの場合は浮気を許してほしい」とも思いました。

私自身、あまりにもネガティブな言葉が多かったのかもしれません。夫から出てきたのは「女性用風俗を探そうか?」という言葉でした。さすがにその発言はないだろうと思いましたが…。

きっと、好きでもない男性と性的な行為に至るのは私自身が望んでいないのだとも思ったのです。単純に性欲の問題なのではないと自覚しました。

そして、今好きな人ができたら、本気で離婚を考えるかもしれないとも。

結婚していなければ、性の不一致を理由に別れていたと思います。だけど、結婚しているばかりに、簡単に別れられない。自分の親にも、相手の親にも相談できない…。結婚が重たいとも感じました。

自分を全否定されているような気持ちと、一生レスが続くかもしれないという不安、簡単には別れられないという現実。

息苦しくなって、心の余裕がなくなっていたように思います。夫に対して冷たい言動をしました。夫の一言ひとことが、許せなくなりました。夫と一緒にいると、常に情緒不安定であるような気がしました。

そうして限界が来て、私は家を出たのです。事実上の別居生活を送ることになり、これはもう本当に離婚するかもしれないと考えました。

そもそも自分には縁遠いと思い込んでいたセックスレス。新婚早々に経験するなんて想像もしていませんでした。社会問題になっているとはいえ、ここまで深刻になるのか…というのも、想像力に欠けていたように思います。当初軽く考えていたレスですが、別居するほど辛くなってしまったのです。

【後編は、ポジティブになった今の心理状態です】


©silverkblack/Gettyimages
©Boyloso/Gettyimages
©Pekic/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。