男子禁制女子トーク!

1か月以上してない…女性約200人に聞いた「セックスレス事情」

文・紫深(sisin) —
アンダーグラウンドな悩み「セックスレス」。見て見ぬふりをして放置すれば、男女の関係に溝ができてしまったり、恋愛から遠ざかってしまったりと悪循環に陥ります。そこで今回は、20代〜30代女性が中心となるアンアン総研メンバー約200人のセックスレス経験者に、その始まり方と解決策を聞いてみました!

【セックスリサーチ】

誘ってくれない悲しさとは

セックスレスを経験したことは、ありますか?

2

はい 55%
いいえ 33%
どちらとも言えない 12%

半数を超える女性がセックスレスを経験していることがわかりました。もちろんセックスだけが恋愛ではありませんが、男女の溝ができてしまうきっかけには違いないでしょう。

自分から誘って、断られたことはありますか?

3

はい 45%
いいえ 39%
どちらとも言えない 16%

そして、女性から誘ったにもかかわらずお断りをもらったケースが45%。「どちらとも言えない」16%を含むと、なんと6割に……。できたら誘ってほしいのが女心ですが、それでも勇気を出してお誘いした結果が拒否だと悲しさが残ります。

〇〇日以上しないとレス突入

どのくらいの期間しないと、セックスレスだと思いますか?

res2

第1位 1か月(36%)
第2位 3か月(32%)
第3位 半年以上〜(12%)
第4位 半年(8%)

その他(12%)
※その他のコメントには、「3週間以上」(31歳・専門職)などがありました。

本格的なレスが始まるのは、「1か月〜3か月」が勝負のようです。また、遠距離恋愛で会う回数が少なければ必然的にセックス回数も減りますから、会える頻度とセックスの回数を比較することも大切です。

レスを引き起こす理由3つ

小さなきっかけが、レスの原因を作っているかも……。

1. 生活リズムの違い

「お互い忙しく余裕がある日が違うのですれ違ったため」(33歳・専門職)
「お互い夜に仕事をしていて疲れてしまうのでそのまま寝てしまう」(29歳・自営業)
「毎日疲れていて、とにかく寝たい」(32歳・会社員)

2. 不満や拒否したこと

「パートナーの勃ち具合をバカにしてしまった」(34歳・会社員)
「一度断ってしまったら、それから誘われなくなった」(31歳・公務員)
「自分がめんどくさくなってしまった。誘われても『今日は無理』ばっかり言ってしまっていた」(35歳・専門職)

3. 性の対象に見ることができない

「性欲がなくなった!」(28歳・会社員)
「もうやりたいと思わなくなった」(29歳・会社員)
「突然男として見れなくなった」(33歳・会社員)

その他のコメントには…

「彼がぎっくり腰で歳が45くらいなので、疲れているらしい(笑)。あとは4年も付き合っているので、落ち着いた」(29歳・専門職)
「妊娠や出産をきっかけに」(27歳・会社員)
「夫が、そもそもセックスにそこまで興味がない」(31歳・専門職)

生活リズムやスケジュールのすれ違いからのレスだけに止まらず、さまざまな意見がありました。パートナーからのお誘いを一度でも断る言動があると、自信喪失してしまう男性は多いのかもしれません。気分が乗らないときの断り方も、気をつけましょう。

解決できた女性の意見3つ

違和感を感じたら、何か方法を考えよう……。

1. 話し合いをした

「お互いの気持ちを、素直に話すようにした。『疲れているから今日は難しい』など、理由を説明するようにした」(23歳・大学生)
「解消というか『なんでしないの?』って話をしたときに『そういうことを言わないでほしい、傷つく』みたいなこと言われたことがあった。私に何かあるわけではなく、性欲がなくなったってことがわかったからよかった。話し合い大切!」(34歳・専門職)
「話し合いをして、スケジュールを合わせるようにした」(32歳・会社員)

2. 刺激を作った

「ローションを買ったら解消できた」(34歳・会社員)
「ガラッと雰囲気が変わるので旅行だとすることが多い」(34歳・専門職)
「普段着ないような刺激的なランジェリーを身に着けたら喜んでいた」(29歳・自営業)

3. 余裕や距離を作った

「子育てに慣れ始めた時に解消された」(27歳・会社員)
「自分から求めすぎない」(31歳・専門職)
「離れて暮らしてみた」(28歳・契約社員)

無事にレスを解決できた女性たちの意見をまとめてみると、コミュニケーション不足による誤解を解消したり、マンネリ打破のために刺激を取り入れたり、また適切な距離や時間を作ったりすることが、解決策になり得ることがわかりました。

会ってるのにしてないなら…

セックスレスは、月日が経つほど解消しにくくなります。「なんだか最近、セックス頻度が落ちているな?」と心当たりがある場合は、ぜひ早期に解決しましょう。


©g-stockstudio/Gettyimages
©LuckyBusiness/Gettyimages
グラフ:Canva