初恋相手が人気俳優に!? 東村アキコの日韓同時連載『私のことを憶えていますか』

2021.4.5
現代を生きる等身大の女性たちの悲喜こもごもをリアルに描いてきた東村アキコさん。『私のことを憶えていますか』で選んだテーマは、初恋だ。誰しもが甘酸っぱく、あるいはほろ苦く思い出すその記憶が、いまの自分の人生とつながったら…。主人公の遥はそんな偶然に直面する。
comic

遥は、ゴシップサイト編集部のライターとして仕事三昧な日々を送っている30歳のシングル女性。ある日、人気俳優SORAが初恋相手の少年〈こうちゃん〉に似ていることに気づくのだが……。

「作中の設定は、ほとんど私の実体験を重ねています。たとえば、私はアイドルグループ『2PM』のチャンソンの大ファンなんですが、K‐POP好きな友人たちからも『あなたが好きだって言うアイドルはいつも同じ系統の顔をしているよね。パフォーマンスとか関係ないよね』と指摘されてすごく納得しました。私自身の初恋も小学6年生で、相手はよく遊んでいた3歳年下の男の子。記憶では、『ターミネーター2』に出ていた少年時代のエドワード・ファーロングみたいでした! 臆して好きだと言い出せなかったことや、バレてはいけないとひた隠しにしていたことも同じ。『初恋の相手こそがその人の恋愛のベースになる』というのが私の恋愛持論のひとつで、実際、周囲に聞いてみても共感してくれる人が結構いたんです。ならば、そうした気持ちを織り込んで描いてみようと思いました」

〈こうちゃん〉は家庭の事情で引っ越してしまい、その後の消息がわからない。遥にすれば、初恋相手が芸能人になって目の前に現れたのかもしれないわけだ。SORAは〈こうちゃん〉なのか否か。もしそうだとしても、自分はどうしようというのか。遥の気持ちは揺れる。

「イケメン俳優さんたちの小中学生時代には、きっと彼らに恋していた女の子たちがたくさんいたはずで、自分の初恋相手がいま芸能界にいる女性って1万人くらいはいそうだなと(笑)。わりと現実味のあるストーリーではないかと思うんです」

comic

一方、遥には猫作という腐れ縁の幼なじみがいる。恋愛の機微に乏しい遥は、猫作が密かに遥のことを思っていることにも気づいていない。この奇妙な三角関係の行方も物語の牽引力。なにせ、猫作はイケメンでワイナリーの跡取りという高スペック男子なのだ。

「猫作がマンガ用語でいうところの『スパダリ』、つまりパーフェクトな男の人ではあるんですが、まだ完璧なスパダリになるためのエピソードが見えていなくて思案中です。リアルな恋愛で考えれば、SORAは芸能人なので、遥とくっつくのはなかなか難しい。猫作とハッピーになるという展開も可能性としてはあるけれど、実際、マンガは描いてみないとわからない部分が多くて。寡黙で魅力的なハンサムと、憎まれ口を叩く気心の知れたハンサムに挟まれて悩む感じが、オーソドックスな少女マンガのようでもあり、懐かしくないですか?」

ちなみに、本作は日本と韓国で同時連載。マンガ界初の試みも話題だ。

「なので、たとえば町の風景や看板の文字などは日本版・韓国版で変えているんですね。身近な物語として感じてもらいたいし、と同時に、どこの国の人が読んでも違和感なく読んでもらいたいので、細部まで工夫しています」

3巻では、いよいよSORAの正体を遥が知ることになるのか…。首を長くして続刊を待ちたい!

『私のことを憶えていますか』3 仕事でSORAにインタビューする機会がめぐってきた遥。しかし、問い詰めることもできず、もやもやした気持ちは高まるばかり…。電子マンガサービス「ピッコマ」にて連載中。4/7発売。文藝春秋 1045円 ©2021,Higashimura Akiko,neostory,All rights reserved.

2244 comic3

ひがしむら・あきこ 1975年、宮崎県生まれ。’99年『ぶ~けデラックス』増刊にてデビュー。『海月姫』で講談社漫画賞少女部門を、『かくかくしかじか』でマンガ大賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。「東京タラレバ娘」シリーズ、『雪花の虎』など著書多数。

衣装協力(ジャケット)・LOVELESS(LOVELESS青山 TEL:03・3401・2301)

※『anan』2021年4月7日号より。写真・土佐麻理子(東村さん) スタイリスト・藤原わこ ヘア&メイク・後藤るみ インタビュー、文・三浦天紗子

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。