アンアンからニュースを配信します!

木琴を叩き、歌って踊る猫!? 全国ツアーも行う話題の“むぎ”って?

2019.12.9
くりくりの瞳、鼻の横の大きなほくろ、白黒のハチワレ模様がなんともチャーミングな猫、その名もむぎ。一見すると普通の“猫”だが、なんと正体は木琴を叩きながら歌い踊るミュージシャン!

“猫”離れした多彩な才能を発揮。メジャー初EPをリリース!

neko1

「むぎはですね、“かいぬしのゆうさくちゃん”と元々東京と沖縄で暮らしてたんですが、’09年に一度死んでしまって…。それから5年ほどの天国暮らしを経て、ゆうさくちゃんが呼び戻してくれたんです。天国から戻った後、散歩の様子をSNSにアップしてみたらイベントに誘われて…それが音楽活動の始まりです」

そんな異色の経歴をもつむぎ(猫)が、メジャー1stEP『ねっこほって e.p.』を発売。キャッチーで軽快な表題曲をはじめ、ボサノバやパンクなど幅広いジャンルの魅力を盛り込んだ作品になっている。

「『ねっこほって』は、アニメ『ねこねこ日本史』(NHK Eテレ)のEDテーマのお話をいただいて、“自分のルーツ(=根っこ)を掘ってみよう”という思いを込めて作りました。“猫が根っこを掘る”っていう。むぎはこういう言葉遊びが大好きなんです。ボサノバ調の『My Favorite Towel』も元々は“むぎはボサボサのバスタオルが好きだぜ”ということを言いたくて。言葉の切り方を変えてみたら“ボサノバ”が出てきたんです!」

ただのダジャレのように見えて、そこには奥深いメッセージも込められている。

「むぎの好きなものを伝えることで、みんなにも“あなたは何が好き?”って聞きたくて。“僕はボサボサのタオルが好き”“私はふわふわの方が好きだな”という感じで、お互いが好きなものを自然と認め合える、そんな社会になったらいいなと思います。このEPを通して、みんながルーツや好きなものを見つめ直して、最終的に自分を好きになってもらえたら嬉しいです」

どこまでも愛と優しさに溢れるむぎ(猫)さん。最後にアンアン読者にメッセージを一言!

「むぎはアレルギーフリーなので、猫アレルギーの人も安心してライブに来てくださいね」

neko2

DJみそしるとMCごはんとのコラボ曲など、全6曲を収録。メジャー1stEP『ねっこほってe.p.』【初回限定盤(CD+DVD+マスコットキーホルダー)】¥5,000 【通常盤(CD)】¥1,600(スピードスターレコーズ)

むぎかっこねこ 1997年7月、東京都生まれ。全ての楽曲の作詞作曲を手掛け、宅録で制作。2017年には猫界初の「FUJI ROCK FESTIVAL」への出演も果たす。来年2月から13都市を巡る全国ツアー開催予定。

※『anan』2019年12月11日号より。写真・大嶋千尋

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ