アンアンからニュースを配信します!

久保田利伸、新作ジャケットで裸に…! 「美の根源」を表現

2019.11.30
今やソウルミュージックはお馴染みの音楽ですが、日本でその魅力を広めたレジェンドの一人が、久保田利伸さん。デビューから33年の今年、心機一転、文字通り“裸”になりました…?!

爆音でソウルのレコードをかけて、3時間ぶっ通しで歌った経験が原点です。

18

日本のミュージシャンの中で、歌が上手い人といえば? そう聞かれたら多くの人が名前を挙げるであろう、久保田利伸さん。そのソウルフルな歌声で、世代を超えて人々を魅了している久保田さんが、このたびアルバム『Beautiful People』をリリース。年を重ねてなお磨きがかかった歌声も素敵ですが、ジャケットが、ジャケットがすごいのです…。

――今回の作品は、すいません、曲より何より、まずジャケットに目が奪われてしまいました…。

久保田:あ、“裸のジャケット”ですね。アハハハハ(笑)。

――残念ながら今回はお見せできないので、読者のために解説いたしますと、砂漠のような、あるいは火星のような砂の丘を、男性が走りながらカメラのほうを振り向いているのですが、それはなんと、裸の久保田さんという…。

久保田:火星かぁ、それいいですね。サハラ砂漠に見えても素敵だなと思っていたんですが、確かに空の色も宇宙っぽくもありますし。

――それにしてもどういう経緯で、ご自身の裸のジャケットになったのですか?

久保田:アルバムのタイトルの『Beautiful People』(久保田さんの発音は“ビューティフォー・ピーポー”でした)に込めた意味が深く関わっているんですが、これ、直接的な意味だと“美しい人”ではありますが、僕としては“ピーポー・イズ・ビューティフォー”とか“人は、素であればあるほど美しい”みたいなことだと捉えていて。そんな感じでデザイナーさんに説明をしたら、彼が「過去なのか今なのか、そして未来なのかもわからない、そんな何もない場所に、何もまとっていない素の人間がいる。そんな状況こそビューティフルの根源じゃないですか?」と。僕もそれを聞いて“クールでファンキーだな、それが一番!”と思ったんですが、さらに「もちろんモデルは久保田さんご本人で。そのつもりでしか僕は考えていないので」とおっしゃるので、これは逃げちゃいけないと思い、やりました(笑)。

――裸でカメラに向かうのはおそらく初体験ではないかと思うのですが、どんなご気分でした?

久保田:ええと、無でしたね。最初は恥ずかしかったですよ、撮られるわけだし、他の人もたくさんいるし。でもこれは考え事をしていちゃいかんと割り切りまして、禅でいう悟りの気持ちで(笑)。最終的には、「裸でファンキー!」という境地に達することができました。

――その、「Beautiful People」というタイトルになった理由は?

久保田:6曲くらい完成した段階でタイトルを考え始めたのですが、当初はもうちょっと小難しい言葉を考えていて。でも、なかなかOKが出ず、最終的に、心の中にずっと持ち続けていたこの言葉をタイトルにしました。実は“Beautiful”って、ソウルミュージックではお馴染みの言葉でもあって。例えば「あの人素敵」と言うとき、「Good man」ではなく「He is beautiful」って言ったりとか。僕自身もライブのときに、お客さんに向かって口癖のように「♪Thank you beautiful people」と歌いかけることも多くて。僕にはすごく身近な言葉だったんです。実は、改めて出来上がった6曲の歌詞を読んだら、“Beautiful”という言葉が何回も出てきていたんですよね、気づかぬうちに。あと、この2ワードってみんな知ってる単語じゃないですか。そういう意味でも素敵だな、と。

――今や久保田さんは“日本のソウルミュージックのレジェンド”ともいわれますが、ブラックミュージックにご興味を持たれたのは、何がきっかけだったんですか?

久保田:ソウルを好きになったのは、中学1年のときなんですが、その前から歌はよく歌ってはいたんです。小さい頃から僕が歌うと、近所のおばさんが喜んでくれたんですよね、「上手いわねぇ」とか言って。

――その頃はどんな歌を?

久保田:えーとね、主にジュリー(沢田研二さん)ですね。僕のすぐ上の姉がジュリーファンだったので、ジュリーのレコードがうちにありまして。あとは、テレビからよく流れているような普通の歌謡曲。いろいろ歌マネしてました。で、中1で初めて自分の部屋をもらいまして、ラジオを聴くようになったんですね。そこでいわゆる洋楽の洗礼を受けたわけですが、いろんなものを聴く中で、めっちゃくちゃ歌うめぇな、めっちゃくちゃリズムが気持ちいいな、と思ったのが、黒人ミュージシャンの音楽だったんです。卓越したリズム感と、歌の上手さ。気持ちよくて、真似したくてしかたなかった。

――中1の久保田利伸くんは、そういう曲をご近所さんの前では歌わなかったんですか? 

久保田:いやいや、そこはもう思春期ですから、無理(笑)。

――でも、ロック好き中学生はバンドをやったりするものですが、ソウルミュージックの場合、なかなかそうはいかないですよね…。

久保田:そうなんですよね、子供にはなかなかね。だから僕は部屋で、大きい音でレコードをかけて、ひたすら歌ってました、毎日3時間。

――3時間!!

久保田:そう。スティーヴィー・ワンダーの歌を、大声で。1音も違わないように歌えると本当に快感で。ギター小僧が、ギターソロをコピーするのと同じです(笑)。

――ご家族や近所の人から「うるさ~い!」みたいな苦情は来なかったんですか?

久保田:いつも言われてましたよ。僕の部屋は2階で、一応引き戸じゃなくてドアだったので、遮音性も高いほうだとは思ってたんですが、上からも下からも、横からも苦情だらけ。今思えば、姉の鼻歌が隣の部屋から聞こえてきたりしていたので、全然音漏れしていたんでしょうね。だからお互いさま的な。ちなみに僕の3つ上の姉は、僕より歌が上手くて。たまにCMソングを口ずさんだりしてたんですが、むっちゃ上手いんですよ。

――久保田さんより上手い…?

久保田:そう。敵わないと思ってました。

――お姉さんはソウルミュージックにはご興味は?

久保田:まったくなし。ジュリー一筋(笑)。だから僕のソウル好きは、家族の影響とか、久保田家の遺伝とかはまったく関係ないですね。

4年ぶりのオリジナルフルアルバム『Beautiful People』(ソニー・ミュージックレーベルズ)が11/27に発売。ファンキーな曲はもちろん、珠玉のバラードも収録した全14曲。インタビュー内でも触れている衝撃のジャケットは、裏面も注目です。初回盤はDVD付き。また現在、来年まで全39公演のツアーを開催中。

くぼた・としのぶ 静岡県出身。作曲家として幅広く楽曲提供をした後、‘86年にデビュー。ソウルフルな歌とサウンド、そしてリズム感は、当時ロックが主流だった日本の音楽界を驚かせ、‘88年にはアルバムが初のミリオンを達成。‘93年以降はNYを拠点に活動中。代表曲に「LA・LA・LA LOVE SONG」など多数。

ジャケット¥68,000 シャツ¥19,000 パンツ¥24,000(以上Vivienne Westwood MAN/ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーション TEL:03・5791・0058) その他はスタイリスト私物

※『anan』2019年12月4日号より。写真・津留崎徹花 スタイリスト・後藤あけみ(Edith Head) ヘア&メイク・後藤政直(SAINTSWORKS)

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ