アンアンからニュースを配信します!

「相性ぴったり」と思わせるLINEとは? すぐに使える心理テク

2018.7.25
相手に“この人とは相性がいいな”と思ってもらうための、心理テクニックをご紹介。社会心理学者の渋谷昌三さんに伺いました。

相性UPのための“LINE&メール術”と“距離感術”とは?

【LINE&メール術】
「文章のやり取りで相性がいいと思ってもらうには、まず同調の法則を使うこと。その際、内容ではなく、頻度やトーンを合わせるのがポイントです」

一方、LINEやメールでは、あえて同調しないほうがいいという場面も。

「それは、まだ距離がある相手との仲を深めたい時。相手に合わせず、少しずつ崩した表現を差し込むのです。それに合わせて相手が返してくれたら、まさに相手からの同調のサイン。二人は相性ぴったり、ということです」

頻度やトーンを相手に合わせる。

メール術

LINEならスタンプの量や送る頻度、メールなら件名をつけるかつけないか、といったテンションは、文面以上にシンパシーを感じる部分。相手に合わせる基本スタンスで、“合う!”を引き出して。

アンチクライマックス法を活用。

メール術

アンチクライマックス法とは、要点から先に伝える方法。順序立てて説明するより、文章を一見した時にインパクトがあり、結果、内容はもちろん、あなた自身にも興味を持ってもらえるはず。

タイミングを見て文章を崩す。

距離のある相手と文面で相性UPを目指す場合は、あえて相手に合わせず、書き方を少しずつ崩していくこと。最初は「!」や「(笑)」などから様子を見て、段階的にカジュアルな文面にシフト。

【距離感術】
相手との物理的な距離感は、仲が深まるにつれて“縮める”のではなく、“立ち位置を変える”のが正解。

「まだお互いのことをよく知らない時は、相手を尊重するような立ち位置が間違いありません。少し仲が深まっていることを感じたら、飲食店などで横並びに座るシチュエーションを選択。慣れてきたら、いつも相手の右側に立つなど、定位置を決めましょう。『いつもこの人は、ここにいる』と安心感が生まれ、安定した関係が築けます」

出会って間もない頃は、半歩後ろを歩く。

半歩後ろを歩くということは、相手を尊重することの表れ。出会ったばかりの段階では、この立ち位置がベター。エスカレーターに乗る時など、縦に並ぶ場面では、相手を優先し、先に行ってもらおう。

横並びのチャンスを探す。

横並びの位置関係が、最も不快なく相手のパーソナルスペースに接近できる。これにより、心理的な距離感も縮められる。食事に行く時は、カウンターがある店など、横並びのチャンスを窺って。

少しずつ定位置を決めていく。

距離感術

関係が深まったら、「この人といる時は、私は右側に立つ」などと定位置を決めてしまおう。居場所をわざわざ確認しなくてよくなると、相手の心に安心感が生まれ、二人の相性は、より深まっていく。

渋谷昌三さん 社会心理学者、目白大学名誉教授。著書は『恋愛心理の秘密』(だいわ文庫)、『人を動かす心理学』(ダイヤモンド社)など多数。

※『anan』2018年8月1日号より。イラスト・小迎裕美子 取材、文・保手濱奈美

(by anan編集部)

#悩みについてさらに読んでみる。
#相性をもっと覗いてみる!
私も馬のオーナーに!あこがれのバヌーシー体験