中・外イキできて最高…! カップルが猛烈に興奮した「感度がいい女性のアソコ」

文・三松真由美 — 2021.8.19
現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、新婚ホヤホヤでラブラブな31歳女性。でも、唯一物足りないのがセックス。回数は多いが性欲が満たされないという彼女が試みたのは…! 三松先生が極上エッチの方法を教えてくれます!

カナ(31歳)セルプレレスでイライラしてたけど、発想転換で爆上がりセックス!

セックス エッチ 中イキ 外イキ VIO

【レスなひとびと】vol. 128


最近結婚したばかりのカナ。結婚生活は順調に回している。料理を作るのも楽しくって、大きな花柄のエプロンまで買った。エッチは週3。火、金、日。
共働きで忙しくしているわりには、スキンシップ多めで仲はいいはず。

ところが。最近どうもカラダにアレがたまって、イライラするのだ。アレ、つまり性欲。夫の春樹とのエッチは、いつも気持ちいい。回数も足りている。ただ、セルフプレジャーで得られる快感とは別なのだ。

「ああ、気持ちよかった。スースーzzz」

エッチ後に、春樹はいつも即爆睡。隣でカナは股間をひとりクリクリしながらモジモジ。あ〜ん、足りないーー。まだアレが溜まっていて、寝つけない。

ひとりになれる在宅勤務の日の昼休みがセルフレのチャンス!  と思っていたのもつかのま、最近、春樹もフルで在宅勤務に。家にひとりの時間はほぼナシ。春樹のZoom会議中に別室でこっそりと思ったけど、振動音が気になって断念。

「カナー! 仕事どう? 会議終わったんだけど、バーガー食べに行かない?」

なんて、急に部屋に入ってくることもあるし。ひとり暮らし時代は、充実のセルプレライフを送っていた。毎日、眠る前にけっこう強めのハンディマッサージャーをアソコに当てて、果ててから熟睡。カラダの力がフワリと抜けて、ストレス解消になっていた。

友達のエミカに相談してみると、グサっとくるひと言。

「強い刺激に慣れすぎるんじゃない?」

「ええー? そうなの!?」

でも、気持ちいいことを極限まで楽しんで何が悪い。

「うーん。もし、エッチは中イキ、自分でするときは外イキなんだとしたら。カナは外刺激のほうがスキなんだよ。思い切って全部剃って舐めたり吸ったりしてもらうとかどうよ」

で、出た。奇抜なご意見。いつも春樹は舐めたがっていたけど、不衛生な気がして断っていた。でも、ツルリンになってしまえば。

さっそくカナは、春樹に相談して、VIOの脱毛を決行。春樹もノリノリで、脱毛から帰ったあと「見せて」とうるさい。「脱毛直後はデリケートだから、できないよ」って言ってあるのに。

数日後、ツルリンなアソコでの初エッチ。

「カナのここ、マシュマロみたいにふわふわ。舐めやすいし、おいしい」

ジュッ、ジュッとエッチな音を立てて舐めたり吸ったりされて、あっというまに外イキ。そのあと即、春樹のモノがイン。フィニッシュ後は外と中、続けてイッたおかげか、これまでにないくらいぐっすり就寝。

中も外もイケる私、最高。ひとまずはこれで、性活も充実しそうだ。


【三松さんからのコメント】

在宅勤務で、飲み会もナシ、家にひとりでいる時間がない。ずっとパートナーと一緒にいるので、普段ならしないような喧嘩をしてしまった、なんて話を最近は聞いています。

カナさんは、そんななかでも春樹さんとうまくやっているようですね。

ツルリンにするの勇気がいりますが、カナさんは即決。生涯のパートナーが決まっていて、相談してノリノリなのであれば、やらない手はないでしょう。将来、ツルリンだと介護だってしやすいですし。

逆に、まだ見ぬ運命のカレの好みがわからないならば、急いでツルリンにする必要はありません。自分のカラダのことなので、焦らず慎重に決めましょう。ヘアがあっても、挿入しながらセルプレグッズを使って、彼にいじってもらうようおねだりしたっていい。同時進行は上級技ですがトライしてみて。

カナさんのように「気持ちいいことを極限まで楽しんで何が悪い」という姿勢で、探究してみること。自分のカラダを満足させてあげられる女性は花丸ハッピー体質です。

「エッチはあっても足りないアナタ。セルプレで補うのもいいけど、セルプレに彼を巻き込む技ができれば最高です。エッチ界の金メダルはアナタのもの」

三松 真由美 
恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にHanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察し、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。20代若者サークルも運営し、若い世代の恋とセックス観にも造詣が深い。コミック『「君とはもうできない」と言われまして』(kadokawa)好評発売中。

恋人・夫婦仲相談所のオフィシャルサイト令和バージョン!!
http://fufunaka.com/

三松真由美 note 恋と結婚とエッチのテーマ更新中
https://note.com/suzune_16

新刊はこちら
「君とはもうできない」と言われまして


©Dmitry Belyaev/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。