水着に手を入れておっぱいを… 刺激的すぎる「夏のエッチ体験」3選

文・塚田牧夫 — — Page 1/2
太陽の日射しが強く照り付ける夏。この季節は、どこか人を大胆にさせます。なかには、すごくエッチな体験をしたという方もいるのではないでしょうか。今回はそんな、“あまりに刺激的だった夏のエッチ体験”を3人の男女に語ってもらいました。

夏休みだけの家庭教師と

「高校1年のときです。まったく勉強しない僕を見兼ねて、親が夏休みの間だけ家庭教師を頼むと言い出しました。知り合いの子どもが名門大学に通っているとのことで、その人に頼むことになりました。

てっきり男の人だと思っていたら、来たのはおしとやかな女性。僕は口ではイヤだと言いながらも、内心テンションが上がっていました。

あるとき、両親が家を空ける日があったんです。すると、なぜか先生が“着替えてもいい?”と言って、Tシャツと短パン姿に。首回りがかなり開いていて、隣に座るとチラチラ胸もとが目に入りました。

お昼を一緒に食べたあと、“眠くなっちゃった”と言い、僕のベッドに横になったんですね。本当に寝てしまったのか、僕が近付いても動きませんでした。僕は、盛り上がった胸やムッチリした太ももを見て、ムラっとしてしまいました。

とはいえ、僕は当時高校1年生。先生の寝顔を見るのが精一杯でした。今でも夏になると思いだしてしまいますね」シン(仮名)/23歳

海の中でカラダを触り合って

「3年前、女友だちと2人で海に行きました。そこで、2人で来ていた男性たちと仲良くなったんです。日に焼けた逞しいカラダをしていました。

海の家で彼らとお酒を飲んだのですが、話しているうちにどんどん打ち解けて、隣に座った男性と肌が触れ合うほどに。そのあと4人で海に入ったとき、彼が私のカラダを触ってきたんです。

私も触り返したら、股間の部分がめちゃくちゃ固くなっていました。すると彼は、私の水着に手を差し込んで、直で胸を触り、乳首を指でつまんできました。

こうなると、もう止まりません。適当に理由をつけて、彼の泊まっているホテルに戻りました。部屋に入った途端キスをされ、水着をはぎ取られて裸になり、激しく交わりました。思い出すと今でもカラダが熱くなります」エリ(仮名)/27歳

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。