恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【Q&A】エッチで彼がイかない…私のせい? 相性が悪い? #98

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 — 2019.7.22
銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、彼とお互い初体験を終えた20歳女子。以降、数回エッチをしているけれど、彼がなかなか中イキできないとのこと。自分を責める彼女に、佑雪さんが男の性について語ります!

【クラブ佑雪】vol. 98

「彼が遅漏。このまま付き合っていける?」

彼と私は、お互い20代前半です。
付き合ってから何度かHをしたのですが(お互い初めての相手です)、彼がなかなか中イキせず、私がオーラルや手でしてあげて、なんとかイクといった感じで……。時間がないときなんかは、イかずに終わります。正直、中でイッてもらえないと「私の体が悪いのか?」「相性が悪いのかな……」と落ち込みます。仲のよい友人にも相談できず……。このまま長く付き合っていけるか心配です。

(名前はヒミツ 20歳未婚 学生)

それはね、2人エッチの修行が足りないのよ

anan-web-銀座ママ-1

彼がイかない話、20代前半の方からすごく聞きます。これはね、女性にまったく非はありません。そもそも、セックスは自力本願。仏教でいったら臨済宗や曹洞宗みたいに、自分で修行を重ねて‘境地に至る’もの。お相手にイかせてもらうものじゃないし、お相手をイかせるものでもないんです。

だから、誤解が起きてこんなにも多くの人々が悩んでしまうんです。かわいそうに。だからね、全然気にしなくていいですよ。というのがまず、前提にあります。もちろん、お互いに導き合います。でも、最後にイクのは自分なんです。

で、彼。まだね、2人でするエッチでイクことに慣れてないんですよね。修行が足りない。小学校後半からか中学からかは知らないけど、彼にとって、ご相談者さまと出会うまでのエッチといったら、それはひとりで行うひとりエッチだったわけですよ。まさに自分との戦い。第二次性徴期を迎えて戸惑いながらも自分の性に向き合い、体の中にたまるエナジーをコントロールする方法を試行錯誤しながら、開発していった経緯があったはずなんです。

相棒は、観ない派も少数ながらいますが、9割AVでしょう。それもロリコンものから義母もの、制服ものなどいろいろなジャンルをさまよいながら、ようやく「これだ!」と心の底から気に入るものにたどり着くまでに、相当な苦労があったはずなんです。お母さんが掃除をしたときにバレないように何かを隠したり、本当はSMものが好きでも友だちに変態と言われるのが怖くて、セーラー服ものしか観ないと嘘をついたり。涙ぐましい歴史があるはずなんです。

いいですか? 彼はそれを捨てて、今、生身のあなたに挑んでるんです。修行のうえ、免許皆伝になっていた右手(もしくは左手)を捨て、すべてのAVを脇に追いやって、人格があり、自分の考えや気持ちのあるあなたという女を抱き始めたところなんです。温かい目で見守ってやってください。人間は生まれてすぐに立って歩ける牛や鹿じゃないんです。育つまでに時間がかかるんです。

しかも、まだ数回した程度なんでしょ? じゃあ、全然。修行のうちにも入りません。本番までのウォーミングアップのつもりで、2人で裸になって触れ合うことに慣れていけば、いつか彼もコツを掴むはずです。焦らず、気長に!

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!
銀座『クラブ佑雪』

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)
元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。WEBサイト『TABI LABO』で「「今、ツラい」が自由になる! 12星座占い」、『食ベログマガジン』で『出世ごはん』の連載中。


エッチ-な記事をもっと読む-_バナー

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法


©irinamunteanu/Gettyimages