「デートの誘い方」で分かる! 気になる彼の「本命度チェック」

文・塚田牧夫 — 2021.2.22
もし気になる男性にデートに誘われたとしても、相手が自分に好意を抱いていると判断するのは早いかもしれません。もしかしたら、ただ暇だったから誘った……という場合もあるでしょう。そこで今回は、勘違いを避けるためにも、男性の意見をもとにした“デートの誘い方で分かる彼の本命度”をご紹介します。

本命度低:「その日空けといて」と男性主導

「ちょっと気になっているくらいの女性だと、そこでまで気を遣いません。だいたいの休みの日を聞いて、“じゃあその日空けといて”といった誘い方をします。

こっちも気軽に誘っているので、断られても嫌な気はしないですよね」ハルオ(仮名)/29歳

相手の女性の予定に合わせるのではなく、自分の予定に合わせる男性主導の誘い方だと、彼の本命ではない可能性も……。彼も軽い気持ちで誘っているので、たとえ断られても「縁がなかった」と思うぐらいで終わりそうです。

本命度中:「明日空いてる?」と急な誘い

「僕は狙っている女性をデートに誘ったとき、ドタキャンされることがよくあります。そんなとき、誰か暇な人いないかな……と思うわけです。

そこで、“明日空いてる?”と、ほかの女性を誘うことがありますね。もちろん、OKしてくれたら嬉しいですよ」タイジ(仮名)/27歳

急にデートに誘う理由の中には、相手のことが好きというよりも、「空いていそうだから」というものもあるようです。ただ、たとえそうだとしても急な誘いをOKしてくれたのなら、彼からの好感度は上がるはずでしょう。

本命度高:「2人で」を強調して

「今の彼女とは、最初のうちは友だちも含めてみんなで遊んでいたんですね。でも、そろそろ2人きりで会いたい……という気持ちになってきて、個人的に誘うようになりました。

そんなときは、“2人で出かけよう”など、“2人で”という言葉を強調します。そうしないと、またみんなで遊ぶことになってしまうので」ケント(仮名)/25歳

友だちから関係がスタートすると、2人きりで会う機会は少ないかもしれません。ただ、関係を進めるためには2人で会う必要もあります。そこで、「2人で」を強調する誘い方になるんですね。

本命度最高:「もしよかったら僕と」と丁寧に

「好きな女性を誘うのは、すごく勇気が必要なんです。もうドキドキですよ。お誘いを断られるとショックなので、できるだけ断られないよう“もしよかったら僕と一緒に”と丁寧にLINEします。

それでOKが出たら最高に嬉しいですね」シュウイチ(仮名)/30歳

本命の彼女に悪い印象を持たれないよう、「もしよかったら」と気を遣った言い方をするんですね。また、さりげなく「僕と」と付け加えることで、2人で会いたいという意思表示もするようです。

“デートの誘い方で分かる彼の本命度”をご紹介しました。

デート前から彼の気持ちがある程度分かっていれば、その後の対応もスムーズに進みそうですね。ぜひご参考に!

©west/gettyimages
©monzenmachi/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。