アンアンからニュースを配信します!

「ありがとう」で幸福度UP!! コツは「当たり前フィルター」をはずす!

2016.12.28
感謝の念が持てるようになったら、私たちの心と体にどんな変化が起きるの? その意外な効果と、感謝の気持ちを育むためのヒントを教えてもらいました。
ありがとうを育てるコツのひとつは、“当たり前”フィルターをはずすこと。

そもそも“ありがとう”は、仏教の言葉、と僧侶の井上広法さん。

「人として生まれることがいかに“有り難い”ことかと説く、仏教の経典が始まりとされています。つまり“ありがとう”とは、あり得ないほど嬉しい気持ちと感謝を伝える言葉。言われたほうはもちろん、口にする本人にとっても、喜びを噛みしめ幸福感を高める言葉なのです」

感謝することは脳にも利点がある、と医学博士の加藤俊徳さん。

「感謝は、感情、思考、記憶、聴覚、運動などあらゆる脳の機能を高めます。事実、感謝や喜びなどポジティブな感情を多く抱く人の脳と、ネガティブになりがちな人の脳を画像診断で比較すると、ポジティブな人の脳は、より成長しやすい状態であるといえます」

「当たり前」のフィルターをはずす

「ありがとう」の語源となる“有り難い”の反対は、“当たり前”。何事も当然のことと受け取ってしまうと、感謝の気持ちは芽生えない。

「毎朝同じ時間に通勤できるのも、考えてみれば電車を時間通り運転する運転士さんや、複雑なダイヤを組む職員さんのおかげ。“当たり前”と捉えるフィルターをはずせば、世の中のあらゆることに感謝できるようになるのです」(井上さん)

「感謝すると、視覚や聴覚など脳の五感部分が発達し、情報収集能力が向上します。すると場の空気など、目に見えにくい情報も捉えることがうまくなる。空気が読めない人間にならないためにも、時には情報のアンテナを張り巡らし、感謝のタネを探してみましょう」(加藤さん)

以下では、具体的な方法をご紹介します。

朝、いつもより1時間早く家を出る

「毎日同じことの繰り返しだと、脳は刺激に慣れて情報をキャッチしにくくなります。そうならないためにも、たまには生活リズムを変えてみましょう。例えば朝、いつもより1時間早く家を出てみる。するといつもと景色が変わって、木々の色づきや空の色など自然の変化に気がつけます。朝早くから一生懸命働いている人を見かければ、感謝の心が生まれてくるかもしれません」(加藤さん)

あえて不便な旅行をする

「私はよくインドへ行きますが、むこうの安価なゲストハウスでは、シャワーからお湯が出ないなんて日常茶飯事。帰国すると、蛇口をひねればお湯が出ることに無上のありがたさを感じます。優雅なリゾートもよいですが、たまには鄙びたところへ旅行し、あえて不便な環境に身を置くのもよいでしょう。当たり前のフィルターがはずれ、あらゆることに感謝の念が湧いてきます」(井上さん)

かとう・としのり 医学博士。「脳の学校」代表。1万人以上の脳を解析。『脳が知っている 怒らないコツ』(かんき出版)など著書多数。

いのうえ・こうぼう 浄土宗光琳寺副住職。心理学も専攻。著書『心理学を学んだお坊さんの 幸せに満たされる練習』(永岡書店)が好評。

※『anan』2016年2016年12月28日-2017年1月4日合併号より。イラスト・micca 文・風間裕美子