アンアンからニュースを配信します!

美しいおっぱいは足元から!? 胸のための足の歪み矯正トレ

2020.9.11
「バストを美しく整った形にしたいと思ったら、揉むのではなく、土台を整えることが大切。そのためには足元から整える必要があります」 と美胸セラピストの堀口亜紀子さん。体全体の骨のうち、約4分の1が足首より下の骨。このことからしても、足元の小さな歪みが上半身の大きな歪みに繋がることは十分に考えられる。

「足、腕、背骨などのねじれを取り去り正しい位置に整えたうえで、丸みのある肋骨に矯正していきましょう。すると、胸まわりの筋肉がしなやかになり、歪みのない美しいバストの土台ができます。初めのうちは徹底して行うのが、効率よく効果を上げるコツです」

足の歪み矯正

指がまっすぐに伸びていなかったり、グーチョキパーができなかったり、立ったときに足首が内側に曲がっていたら要注意! 足元が崩れている可能性大。まずはいちばんの土台となる足を徹底的に矯正しよう!

足首プッシュ:内側に入った足首を本来の位置に。

※(1)→(2)→(3)各3回
曲がった足首を正しい位置に矯正するエクササイズ。左右のくるぶし下→左右のくるぶしの各指1本分前→足首中央の順に指で押さえながら膝の屈伸をすることで、足の後ろ側の筋肉を正しくストレッチさせ、足首を本来あるべき場所に戻す。

foot

(1)はくるぶし下、(2)はくるぶしより指1本分前、(3)は足首の中央。屈伸するときは指を離さず、プッシュして。

foot

上の写真の(1)の位置を指で挟んだまま、膝の屈伸運動を3回。次に、(2)の位置を挟んで同様に3回屈伸を行う。最後に親指で(3)の位置を押しながら、3回屈伸しよう。

足裏スタンプ:正しく足裏を使って歩いてみよう。

※左右各10回
足裏を正しく使って歩けるようになるためのトレーニング。きちんと足裏を意識して行うのがコツ。普段からこの動きを意識して歩くよう心がけよう。続けることでO脚なども改善し、体の歪みが整ってくるのを実感できるはず!

正しく歩くための練習なので普段歩いているときの足幅で立つ。グラグラする場合は足幅を肩幅より狭めにして。

foot

片足を1歩出してかかとを床につけ、3秒かけてつま先まで足裏をつける。そのまま3秒かけてかかとを上げ、膝からつま先までをまっすぐに。これを1セットとし、左右各10回。

foot

正面から見たときに脚のラインがまっすぐであることが大切なので、膝が内側に入ったり、足の甲が外側を向かないように注意。写真のような歩き方は歩くだけで歪みの原因に。

足首どすん:足首の歪みを寝たまま矯正。

※左右各3回
寝ながら足首の歪みを解消する運動。かかとやかかと付近にある距骨のズレを取り除くことでO脚やX脚の矯正もできる。最初に足首を回して可動域をチェックしておき、終了後に再度足首を回すと、動きやすくなっているのがわかるはず。

foot

1、足を肩幅より少し狭めに開いて寝る。両足首を内側、外側に回して可動域をチェック。

2、かかとをグッと突き出した状態で、片足を15cmほど持ち上げる。次に持ち上げた脚の力を抜き、どすん! と床に落とすようにする。

3、深呼吸を3回した後、両足首を内側、外側に回して再度可動域をチェックしてみよう。

2216 foot1-6

足を落とすときは、膝が曲がらないように注意。力強く床に叩きつけたり、足を蹴り落とすのも避けよう。

堀口亜紀子さん 表参道のバストアップサロン『COCIA』美胸セラピスト。著書に『魔法の美胸メソッド』(河出書房新社)がある。

ブラトップ¥8,500 レギンス¥12,000(共にジュリエ ヨガ アンド リラックス TEL:03・6690・2925)

※『anan』2020年9月16日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・白男川清美 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・松木育未(ライトマネジメント) 取材、文・古屋美枝

(by anan編集部)